6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ほんとうの卒園

保育園の最終日でした。

2週間ほど前に卒園式がありましたが、保育園なのでその後も多くの子供は登園し続け、
そして、少しずつ人数が減っていきました。
私のお迎えが遅いので、今日の夕方、ゆうたは本当に最後の一人になりました。
担任の先生はまた泣いていました。大きく手を振ってくれて、お別れしました。
帰りの車、「もう、○○くんに会われへんの?先生にも会われへんの?」と
ようやくお別れを実感した様子で、しんみりしていました。
いつも帰りの車の中では、CDを聞きながら歌っているのに、歌う気にもなれなかったようで、
しょんぼりしていました。

車で50分くらいかかっていた遠距離通園も、今日でおしまいです。
4月からは保育園の友達は誰もいない小学校に入学します。
4月1日からは学童保育にも行きます。もちろん、知っている子供は一人もいません。
ともなも4月から家の近くの保育園に転園します。
先日学童保育の説明会に行きましたが、100人くらいいるそうです。
子供の間でのトラブルなども出てくると思いますが、少子化の今の時代、
沢山の異年齢の子供に囲まれて生活し、親先生以外の大人にも接してもらって育つのは
いい経験になると私は考えています。

今まで私も保育園があったから落ち着いて仕事が出来ましたが、しばらくは慣れるまで
落ち着かない生活が続きそうです。
ゆうたやともなが安定して新しい生活を始められるように、
しばらくはサポートしてやりたいなあと思います。
また、仲のいい友達が沢山出来て、毎日楽しく過ごせますように。
by go-kayoko | 2009-03-27 03:10 | ゆうたの成長

チューキン マクド

昔私が母と話していて駐車禁止のことを「チューキン」と言ったら、変な顔をされた。
何でもかんでも短縮して話すのはあまり好きではない私だけど、
「チューキン」は私の中では許せる範囲だった。
でも母的には「変」だったらしい。
おそらく母は「マクド」も「変だ」と言うだろうなあ

そんな母がともなの「いやだもん」を縮めた「いやもん」を聞いたら、
どう思うだろう。
初めてともなが「イヤモン!」と言ったときは、
それが「いやだもん」だと言うことに気がつくのに時間がかかった。

ともなはお兄ちゃんがいるせいなのか、言葉遣いが汚い。
言い方はかわいいので、今は許せるけれど、この言葉遣いでポンポン
話されたら、ちょっとむかっとくるかもしれない。
他には、「ともちゃんのやで!」とか
「持ってみ〜」「こうやで、こう!!」「ちがうもん!」「なにこれ〜」などなど、
そして忙しいときに言われるといやなのが「イヤモン!」なんだけど。
そんなに何でもかんでも嫌って言わないでよ・・。と思う私でした。
by go-kayoko | 2009-03-16 01:08 | ともな
この前の旅行でデジカメを無くしたので、買いました。
同じキャノンのIXY。
前のIXYを買ってから4年くらいたっていると思うのですが、カメラの進歩ってすごい!

今までのカメラの不満はとにかく動いている被写体に弱いこと。
外で撮影しても子供が動いているとぶれまくり。
室内ではもっとひどくて、撮る気さえ起こらない・・。
それとシャッタースピードの遅さ。
オートフォーカスの遅さ。
シャッターが落ちるときには子供はもうすでにカメラの前を通り過ぎている状態・・。
というわけで、ともなが動き回るようになったので、写真が撮れずにいました。

今回買ったIXYの特徴は
広角レンズで広い範囲が撮れる
AUTOモードにしておけば、瞬時に状況を判断して、勝手に設定してくれて写真が撮れる
(夜景、室内、アップ、スポーツモードなどなど、18シーンを自動認識)
顔を認識したり、動いている人を追っかけながらフォーカスしてくれる
などなど。

今日はカメラを持って公園に行きました。


こんな楽しそうな表情はぶれて撮れなかったけど、撮れてる〜。
d0016392_0453435.jpg


More
by go-kayoko | 2009-03-16 00:41 | 買って良かった悪かった

卒園式

4年間かよった保育園の卒園式でした。

卒園式の数日前に私の絵に「6ねんかん そだててくれてありがとう」という
コメントを入れた絵を持って帰ってきました。
そのサプライズで私は感激。
前日は保育園の帰りに「今日はみんな泣いてたわ」と言っており、あとで先生に聞いてみたら
翌日の卒園式を控えて、担任の先生に歌とアルバムのサプライズのプレゼントをし、
先生も泣き、クラスのほとんどが号泣したようです。
6歳の子供でもこういった感情があるんだと、ビックリ。

そして、ゆうた本人が「いい卒園式にしたい」と言っていた、当日。
大きくなった子供たちが入場してくるだけで、感動してしまった私。
歌が始まると先生たちのほとんどが泣いていて、担任の先生だけでなく、
どの先生もがそれぞれの子供に関わって、愛情を注いでくれたんだとわかり、
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
それぞれの子供が名前を呼ばれて、返事をし、「○年間、通いました」と言っていました。
保育園だからもちろん、6年間通った子供もおり、
「あの子はまだ、歩けなかったんだ」と思うと、自分の子供では無いのに感激したりもしました。

担任の先生だけでなく、給食の先生や、お洗濯をしてくれたりするお手伝いの職員の方までもが
すべての子供のことを把握している保育園でした。
珍しいと思います。
何か子供同士でもめるようなことがあっても、どの先生も同じように対応してくれて、
先生によってバラバラ・・・という様なことは決して無く、安心してお任せできました。
給食もすべて手作りでおいしく、何でも食べられるようになりました。
小さい学年の時は大きい子に面倒を見てもらい、大きくなったら小さい子供の面倒を見るのが
当たり前の保育園でした。
小さい頃から長い距離の散歩に出かけ、足が丈夫になりました。
冬も薄着で風邪をひかなくなりました。
思いやりや頑張る心や人の成功を自分のことのように喜ぶ優しさなどを身につけました。
本当にお世話になりました。

これから大きくなり、いろいろな経験をして、ゆうた自身も変わっていくかもしれないけど、
保育園で身につけたことを忘れないで、成長して欲しいと思います。
by go-kayoko | 2009-03-14 00:02 | ゆうたの成長

淡路島〜

淡路島に旅行に行きました!ホテルの目の前は海でしたよ。

砂浜に行くから砂が入るよって言っているのに
備え付けのビーチサンダルを履くと言って聞かない2歳児組。
(おまけに変な指に鼻緒がはまっている)
d0016392_035223.jpg


夜はみんなでゆっくり夕食。ママたちは上げ膳据え膳でのんびり。あ〜幸せ。
d0016392_0353446.jpg


翌朝も気持ちのいいレストランでおいしい朝食。サイコー!
d0016392_0343086.jpg


心の洗濯終了。
たまには旅行しようっと。
by go-kayoko | 2009-03-01 00:34 | おでかけ