6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

自分で食べさせて!!

ともなは食事中、すごくうるさいです。
子供イスに座らせていますが、ずっと何かを要求して、わーわー言います。
私は横で食事をしながら、ともなの口にご飯を運ぶのですが、
口に運んだ後、自分も一口食べようと思うと、もう、わーわー言います。
おかげでゆっくり食事できません。
おまけにイスから乗り出してきて、落っこちそうになります。
何が食べたいのかわからないので、おかずを運んでみたり、みそ汁の具を運んでみたり、
お茶を飲ませてみたりするのですが、気に入らないと口をつぐみ、首をブンブン振って拒否します。
そして、わーわー言うの繰り返し・・・。
手づかみさせていたら静かかも・・・と、手づかみできそうなものをお皿に乗せてみたら、
全部握りつぶして、その手をブンブン振るので、ご飯があちこちに飛び散って
ものすごい大変なことになりました。
もちろん、汚れた手であちこち触るので、イスも、顔も、服もどろどろ。もちろん床も。

最近、私が口に運ぶスプーンをひったくろうとしたり、みそ汁椀を自分で抱え込んで
飲んだりするので
ご飯を猫まんまみたいにして、少し縁の高いすくいやすそうなお椀に入れ、
スプーンを渡して好きにさせたら、なんと静かになりました!!
一生懸命スプーンですくって、食べているではないですか!
もちろん、口へ運ぶまでに沢山こぼすので、
テーブルにタイニーダイナーをつけています。
食器も滑らないし、手前にポケットがあるので、食べこぼしが減りました。
こういうタイプのエプロンもしています。
この二つをつけると、あとは横におちる食べこぼしを何とかするだけで済みます。

自分で食べたかったのね。
by go-kayoko | 2008-03-26 01:02 | ともな
ゆうたとともなでは、好きなものが全く違います。

ゆうたはもう、1歳のころには乗り物の絵本が好きだったし、
出かけても乗り物を見るのが好きでした。
散歩で電車を見に行くと喜んだし、ヘリコプターの音を聞くと興奮していました。
逆に人形やぬいぐるみ、お絵書きなどには全く興味がありませんでした。

今、ともなは家にある抱き人形が好きで、両手をつないで歩いたり、
自分が眠たいときには一緒に布団に連れていって、「ねんね」といいながらトントンしたり、
布団をかけたりしています。
実家にある大きなぬいぐるみも大好きです。
乗り物には全く興味がありません。
絵本では「もこもこもこ」という擬音の絵本が好きですが、ゆうたは全く興味ありませんでした。
子供が好きな絵本ということで有名らしいのですが、ゆうたは全く見なかったので
当時の私は疑い半分でした。
お絵書きも好きで、ゆうたがお絵書きしていると、描きたがります。

ゆうたはあまり、一つのもので遊ぶことが無く、手当たり次第という感じだったので
何で遊ぶのが好きだったのか、この頃のことをよく思い出せません。
とにかく、あれこれ触って、動き回っていたことしか思い出せません。
今はレゴやLaQがあればずっと遊んでいるし、ウルトラマンのフィギュアなどでぶつぶつ言いながら一人でごっこ遊びもするし、お絵書きも好きになりましたが・・。

一方ともなは おはじきとままごとのお鍋があったら、30分くらい黙って遊んでいます。
出したり、入れたり、ばらまいてみたり、手でガシャガシャ触ってみたり。
玉転がしのようなタイプのおもちゃも好きで、何度も遊びます。

当たり前だけど、子供は一人一人、全く違うので比べることなく育てたいと思います。
by go-kayoko | 2008-03-26 00:46 | ともな

かーたん

ともなは私の母のことを「ばあば」とは言うのですが、私のことを呼んでくれませんでした。
「かーか、かーか」と言うことはあったけど、どうも、私を呼んでいるタイミングではなさそうでした。

それが今日、私のことを「かーたん」と呼びました!
私が「はあい」と返事するとうれしかったのか、何度も「かーたん」と言っていました。

私はとってもうれしいです。
by go-kayoko | 2008-03-26 00:37 | ともな

頑張ったよ

ちょうど一年前から始めたスイミング。顔が濡れるのが大嫌いなゆうたですが、
スイミングは嫌がることなく続いています。
実はこの半年、どうしても出来ない項目があって、進級できていません。
始めの2ヶ月ほどは、進級テスト不合格の後、「休まずに行っていたら、絶対出来るようになるわ」と
励ましていたけど、それも言いづらくなりました。
そのうち、進級テストの後、「どうだった?」とさえ聞けない雰囲気になっていました。

苦手な項目はボビングといって、足のつかないところに飛び込み、ジャンプしながら
息継ぎをするというもの。
しっかり沈んで床を蹴らないと、息継ぎできないのですが
水に潜るのが怖いため、ほとんど沈まないうちに水に浮こうとして、
結局息継ぎできずにいました。
タイミングが全く合っていませんでした。

今月はコーチも熱心にボビングの練習をしてくれて、本人も頑張っていましたが、
なかなか出来ずにいました。
そこで、家で私がイメージトレーニングをしてみました。
すると、なんと出来るようになったんです!
イメージトレーニングって効果あるんでしょうか?
勇気をだして、イメージどおりにやってみたら、出来たとのこと。

出来ないことを半年間も頑張って出来るようになったのはゆうたにとって初めての経験。
スイミングの後、出来た瞬間、ものすごくうれしくて、気持ちよかったこと。
ボビングが出来るようになりたくて、練習したかったから、一度も休みたいと言わなかったこと。
もっと練習したいと思っていることを話してくれました。

ゆうたと話しながら、
半年間、何も言わずに頑張り続けたゆうたの気持ちを考えたら涙が出ました。
ゆうたは「なんで〜!?」とビックリしていましたが・・・。
親になり、子供に苦労させられたり、大変なことも多いけれど
子供にとってうれしいことは 私にとっても自分のことのようにうれしく感じるので、子供がいて良かったなあとつくづく思った出来事でした。

ゆうちゃん、頑張ったね〜。おめでとう。と何度も言いました。
by go-kayoko | 2008-03-16 00:13 | ゆうたの成長

永久歯

今日、はじめてゆうたの下の乳歯が一本抜けました。

本人にとっては大変な道のりでした。
1週間ほど前、「ぐらぐらや」と言い始めてから、
「おにぎりをかみ切ることが出来ない!」とか、「触ったらあかん!」とか、神経質になっていました。
それなのに、昨日、保育園で歯をぶつけて、変な方向に曲がってしまい、
普通のものを噛むのにもほかの歯が当たって痛いらしく、
お迎えに行ったときは「もう、何もしゃべられへん、食べられへん・・血も出たし・。」と
まれに見る凹みよう。
夕飯も大好きなクリームコロッケを目の前に「中身しか食べられへん・・」
ごはんも「おじやしか食べられへん・・・」
そんなゆうたを前に、くしカツをかじっている私を見て、
「かあちゃんはええなあ〜何でも食べられて・・・」とオイオイ泣き出す始末。

それが今日、突然抜けました!!
本人はすごい喜びようで、抜けた歯を大事に箱に入れて「これで何でも食べられる!!」
「ゆうちゃん、良かったねえ。お祝いにアイスを買ってあげる」と
近所の酒屋さんにお使いに行かせたら、「お店のおじちゃんに歯、抜けたでって
見せなあかん!!」と言いながら出て行きました。
私はてっきり、抜けたところを見せるのかと思っていたら、
大事そうに歯の入った箱を抱えて帰ってきて、ビックリ。
「え〜抜けた歯を見せてきたの??」
「うん、かわいい歯やな〜って言ってくれた」

寝る前にはまだ帰ってきていない父ちゃんに「ぼく、はがぬけたよ」と置き手紙まで
書いていました。

この勢いだと明日、「保育園に抜けた歯を持っていくわ」と言い出しそうです。
初めての体験だから、本人にとってはおおごとなんでしょうね。
私はゆうたのの大騒ぎ具合がかなり面白かったです。
by go-kayoko | 2008-03-13 00:42 | ゆうたの成長

母より優しい兄

今朝、私が「あ〜時間がない!」と言いながら洗面所で猛スピードで化粧をしていたら
ともなが足下で「抱っこしてくれ!」とグズグズ言っていた。
わかるはずもない1歳児に「あのね、今抱っこしたら、保育園に間に合わないの」と諭し、無視して化粧していたら、グズグズがヒートアップ。
そこへ私と同じく、時間がないはずのゆうたが、自分の着替えを中断して
「ともちゃん、これで遊んどき」と鉄琴とバチを持ってきてくれた。
ともながそれに見向きもしないことがわかると、次は
「これで遊んでいいで。壊してもいいからな」と自分で作ったレゴの乗り物を持ってきた。

ゆうちゃん、優しいな。
母より優しいよ。
by go-kayoko | 2008-03-06 23:32 | かあちゃんのひとりごと

親ばか全開

先日父ちゃんが「ともちゃんはまだ、アカチャンホンポでモデルに誘われへんか?」と
言っていました。
「誘われたら本物やのに・・」

親ばか全開です。
メタボ寸前のおなかに、悲しいかな母に似たダイコン足。
どうみてもモデル向きでは無いですよ!
親の私から見るとかわいいですが、世間一般のモデル向きでは無いことが
私にはわかっています。


このせりふを聞いて、思い出しました。
ちょうどゆうたがこれくらいの時も、父ちゃんは同じことを言っていました。
当時、ゆうたはかわいそうなほど太っていたのです。
太り過ぎて動きづらそうなほど。
しかし当時は私も「モデルになれないか」と思ってました。

二人目の今は私は冷静に見ることができるようになったということです。
d0016392_23211911.jpg

by go-kayoko | 2008-03-06 23:20 | かあちゃんのひとりごと

かわいい子供たち

ゆうたは甘えん坊です。
下が生まれても相変わらずです。
毎晩寝る前に布団の中で「母ちゃん大好き〜」と言っています。
ともなが先に寝ていたら「母ちゃん一緒に寝よう〜」と言います。
ともなも一緒に寝るときは、私の背中にくっついて一緒の布団で寝ます。
私は横を向いたまま、ともなとゆうたに挟まれて、身動きできません。
お風呂に入る前は「上の服、脱がせて〜」「体洗って〜」
忙しいときにこの調子で言われるとイラっとしますが、私に余裕があるときは大丈夫。

ともなも最近、ますますしぐさがかわいいです。・
私がごろっと横になると、必ず自分も横に寝転がって
私の顔をのぞき込み「ばあ〜」と言います。
昼間の授乳は続いていますが、おっぱいを見るとそれはそれはうれしい顔で
幸せそうにくわえています。
そして、「おいしい」のサインをします。

こんな密着生活も今月で終わり。
ともなも4月から同じ保育園に入所できることになりました。
ありがたいことですが、寂しくもあります。
私もまた仕事がスタートします。
by go-kayoko | 2008-03-06 23:11 | かあちゃんのひとりごと

近くの公園

d0016392_2302350.jpg

休みの日にゆうたと近くの公園に行きました。

ともなはウロウロ。
小学生がボールで遊んでいたので、危ないから目が離せません。
ボールが飛んでくるど真ん中にスタコラ歩いていくし、
大きい子供たちがのっているブランコのすぐそばに歩いていこうとするし・・。
気がついたらともなの写真しかなかった・・・。
最近歩くのが好きだから、広々していくら歩き回っても安全なところに連れていってあげたいです。

ゆうたもいたんです。
ブランコを立ちこぎしようと挑戦してました。
ほかにはバケツに砂をいれて、水を入れて、プリンを作ってました。

以前は手が汚れるのが大嫌いだったので、砂遊びをしませんでしたが
いつの間にか平気になっていました。
by go-kayoko | 2008-03-01 23:00 | おでかけ