6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー

<   2007年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

音楽教室

4月から保育園で進級したら、週一回音楽教室が受けられます。(希望者のみ)
やりたがりのゆうたが「行きたい」と言うので、申し込んで、先日先生の説明会を聞いてきました。
音楽を教えるにあたって、いろいろ為になる話だったので、記録しておこうと思います。

目的は楽譜が読めるようになること(リズムなども子供向けに分かりやすく楽しく)
鉄琴で簡単なフレーズを弾く。
音楽に親しむために、作者ごとに代表的な曲をその人の資料を見ながら、聴く。
絶対音感をつける。
などです。
宿題もあるけど、してこなくてもいいから、絶対に泣くまで練習をさせないことと言われました。


ピアノについては、小学校1年生の秋からで十分と言うことでした。
その理由は、バイオリンなどと違い、ピアノは子供向けの小さいピアノが無いので
有る程度体が大きくならないと、子供も弾くのが大変。
小学校に入り、夏休みがすんだ頃が生活も落ち着いてきているので良い。
それくらいの年齢からはじめても、ピアノが好きならすぐに進むし、子供が自分で練習できる。
親子ともストレスが少ない。

ピアノの先生を選ぶときは
発表会を見に行って、どういった生徒が多いのか、音大クラスが多いのか、
ピアノだけでなく歌など幅広く音楽を教えているのか見てみる。

実際に先生のお宅に伺って、どんな場所でレッスンがあるのか、見せてもらう。
静かな環境なのか、どんなピアノなのか、一人で通えるかなど。

レッスンでは次の曲の練習の仕方を教えてくれる先生につくこと。
練習していった曲を聴いてくれて、「はい、では、次この曲を練習してきて」と言う先生はダメ。
その次の曲の練習の仕方を教えてもらってくること。そうでなければ一人で練習できない。

家で練習できなくても何も言わない先生が良い「どうして練習してこなかったの」と言わない先生につくこと。週一回、レッスンに来るだけでも子供には大きな労力。
細々でも続けることで、長く音楽に親しめる。そういう子供は将来的に音楽が好きになる。
親も「練習しないならやめなさい」は口が裂けても言わないこと。

ものすごく気まぐれなゆうたも、この先生だったら大丈夫と言う気がしました。
2年間、週一回、1時間。同学年のお友達と受ける音楽教室だけど、
音楽に親しむきっかけになってくれたら、うれしいなと思います
by go-kayoko | 2007-03-28 15:52 | ゆうたの成長

田舎はいいねえ。

今朝はいい天気でした。
朝起きて、窓を開けると、森の中にいるように鳥が鳴いていました。
実家がある町は野鳥が多いことでも有名な町なのです。
朝から、爽快な気分です。

昼からゆうたと散歩に出かけました。
本当は遊具が有る公園に行こうと言っていましたが、その前にため池に寄ることにしました。

ため池の周りを散歩していたら、釣りをしているおじさんがいました。
ゆうたが勇気を振り絞って「何を釣ってるんですか?」と聞いたら
「フナやで、見せたろ」と見せてくれました。
「一匹持って帰り。桶に水を張っといたらしばらく生きてるよ」と
ゆうたが持っていた小さいバケツに入れてくれましたが、フナは暴れて逃げて、
池に戻ってしまいました。
少し歩くと、水が減った池の中を悠々と泳ぐフナの姿が沢山見えました。
亀も20匹くらいいました。主のような大きな亀が甲羅干ししていました。
水が干上がったところには、野鳥の足跡がついています。

もうしばらくしたら野焼きをした土手に空になった蜂の巣が落ちていました。
ゆうたは見るのは初めて。
「蜂蜜、あるのかな」と言いながら、手で割って、中を見てみました。
「うわ~すごいもの見たね」とゆうた。残念ながら蜂蜜はありませんでしたが・・。

引っ付き虫の草を取って、服に付けてみました。
のじ菊を摘みました。蝶々を追いかけました。
歩いていると草のにおいがします。ゆうたは「おもちの葉っぱのにおい」と言っています。
それから遊具のある公園に行きましたが、ゆうたはため池の周りの散歩のほうが
面白かったのか、「今日はすごいものを沢山見たね~」と言いました。
そうそう、2,3日前には出てきたばかりの土筆を沢山摘んで、お浸しにしました。
苦味が利いていて美味しかったです。

これからは生き物が元気になって、虫たちが出てきます。
田舎は子供と散歩すると感覚が研ぎ澄まされるような気がします。楽しいです。
by go-kayoko | 2007-03-28 15:31 | かあちゃんのひとりごと

ミルク拒否

先日、本当に久しぶりに(一年ぶりくらい?)に子供無しで夕食を食べる機会がありました。

この一年、いろいろあったな。
一年前の今頃はつわり、つわりが終わったら切迫流産で入院。退院したら体力低下と
暑さで9月ごろまで動けず、涼しくなった頃には貧血で絵本を読むのも息切れ、
貧血が治る頃にはお腹が大きくて食べられず・・・
こんなに身軽に繁華街を歩くのなんて、いつ以来だろう。
きょろきょろ周りを見ても、ベビーカーを押している人は一人もいないわ・・・
やや興奮気味になっていた私。
ともなにもしっかり母乳をやってきたし、母が二人の子供を引き受けてくれたし、うれしいわ~。

食事の時間はあっという間に過ぎ、気がつくと家を出てから4時間。
このとき、私の電話が・・・
「ともながミルクを飲まなくて、泣いて泣いて、困ってる」


がが~ん。

2ヶ月前は飲んでいた。
1ヶ月前は哺乳瓶に入った母乳は嫌がったが、ミルクは飲んでくれた。
つい一週間前はミルクを飲んだ。
だけど、今日はダメらしい。

この日以降、決してミルクを飲んでくれなくなりました。
そして、私は3時間がタイムリミットのウルトラマンになってしまいました。
母も「泣いてもなすすべが無いときがある」とショックの様子。
離乳食がすすむまで、連れ歩くしかなさそうです。
とりあえず、免許の更新が近いので、それは連れて行って、強行突破しようと思います。
子供を預けて外食・・・・と言う夢はまたまたう~んと先になりそうです。
by go-kayoko | 2007-03-28 15:19 | 母乳育児

プール大好き

先週末から保育園は春休みに入り、実家に移動してきています。
今回実家に来た目的は、ゆうたをプールの短期講習に行かせること。
私が住んでいる地域は子供が少ないので、あまりいい短期講習がありません。
あっても車で行けなかったり。
ともながいるので、車で行けて、子供が多いスクールがいいと思い、実家近くの
スポーツクラブ併設のスイミングに行かせて見ることにしました。

保育園のプールは好きだけど、お風呂でかおが濡れるのは相変わらず嫌いだし、
大きいプールは以前は怖がっていたので、心配しましたが
ゆうたは楽しそうに参加しています。
教えるのもやはりプロですね。楽しみつつ、水慣れさせる技はさすが。
初めはおもちゃを使った水中歩行(もちろん足台つき)、
足台をつかった滑り台を歩きながら水中へ。
昨日二日目が終わりましたが、滑り台で足の届かない水中へ滑り込むところまで進みました。
もちろん、腕にヘルパーをつけているので、足が届かなくても沈まないのですが
水慣れしていない子供だと足が届かないだけで泣くと思います。
少しずつステップアップしながら、その合間に口だけ水につけてブクブクから始まり、
頭から水をかけてみたり、次には自分で水を手桶で汲んで頭からかけたり、
コーチが両手で汲んだ水にかおをつけてみたり。
このスポーツクラブはもともとはスイミング教室で、私も小学生の頃行っていました。
オリンピック選手も出たんですよ!
教えるのが上手なのかしら。

ゆうたは本当に楽しそうに参加しています。
自分で水を汲んで頭からかぶったり、鼻に水が入ったりしても泣きません。
全部で5日間のこのコース。今日は中休みですが
「今日も行きたい」と言っていました。
どれくらいまで出来るようになるかな?楽しみです。
もうひとつ参加を予定しているのは、一日だけあるトランポリン教室。
これもゆうたは楽しみにしています。
他にも体操教室、空手、新体操、ダンスなど子供向けの教室が充実。
家から近かったら定期的に行かせてやれるのになあ!!
by go-kayoko | 2007-03-27 10:42 | ゆうたの成長

味楽る!ミミカ

という、NHKの番組、知っていますか?
平日の夕方6時ごろからやっているのですが、たまにゆうたが見ることがあります。
子供向けの料理番組なのですが、アニメと実際に子供が料理を作っている場面があり、
ゆうたが「作ってみたい」とか、「食べたい」と言うことがあります。
レシピが手に入らないかなと思っていたら、この番組のファンサイトを見つけました。
味楽る!ミミカ

今回はイチゴのティラミスが作りたいと言うので、作りました。
といっても、ゆうたは飽きっぽいので、イチゴを切らせても二つ切ったらもう終わり。
まあでも、スポンジにコーヒーシロップをしみこませたり、クリームチーズを練ったり
手伝ってくれて、一緒に食べました。
普通のティラミスよりあっさり味。イチゴの酸味がきいていて、なかなか美味しかったです。
この番組のレシピは味が子供向けなので、喜びます。
うずら卵が中に入ったハンバーグも、「食べたい」というので
作ってやったら喜びました。

テレビで作ろうと言うきっかけになっているようなので
幼稚園くらいの子供でも作れるような簡単なレシピが増えたらいいのに~と思います。
by go-kayoko | 2007-03-27 10:29 | 台所育児

完食

最近、ゆうたの夕飯完食がみられなかったのですが、今日は久々。
メニューはゆかりご飯、わかめと麩のみそ汁、ハンバーグ、ポテトサラダ、
スナップエンドウ、ミニトマト。
完全完食ではなく、ハンバーグを一切れ残してましたが、よく食べました。
真っ先になくなったのはポテトサラダ、それからエンドウとトマト。
トマトは私の分まで「ゆうちゃん、欲しいな〜」と言うほど。

最近のゆうたの好物。
茹でたブロッコリー、ほうれん草を炒めた物、大根の煮物、高野豆腐、赤魚の煮付け、
イカとホタテの刺身、ナスの煮物、切り干し大根。
お子様っぽいものとしては、ミートソーススパゲティ、マカロニ、レトルトカレー

あまり食べないのは唐揚げやとんかつ、ピーマン、にんじん。
固い物を基本的に嫌うので、あごの発達が悪くなりそうでちょっと心配。
by go-kayoko | 2007-03-21 08:06 | 台所育児

楽々!

ともなは昨日も、今日も、一人で勝手に昼寝に入りました。
ほんっとに楽。
これがゆうたがいるとそうはいかない。

この前の土曜日、ゆうたと一緒にキッチンで型抜きクッキーを作った。
どうしても私の手がふさがってしまって、ともながグズグズ言っているのは知っていたが
構ってやれなかった。
ゆうたに次々と型抜きをさせながら、ふと、ともなが静かになっていることに気づいた。
そ〜っと覗いてみると、やっぱり一人で昼寝に入っていた。
私は思わず嬉しくなり、小さい声で「ゆうちゃん、ともちゃんは一人で寝たよ。かしこいよね」と
言うと、ウチの知りたがりの しゃべくりゆうたは、「どれどれ」と見に行き、
すんごい大きい声で「う〜〜っわ!ほんまや!」と ともなのすぐ横で叫んだのだ。
案の定、ともなは ビックリして目を覚まし、火がついたように泣き始め、
抱いても、おっぱいをくわえさせようとしても、どうしても泣きやまないほどになってしまった。
私の苛立ちがあっという間にピークに達したのは言うまでもありません。

今週は水曜日が祭日だなあ〜・・・
by go-kayoko | 2007-03-20 13:32 | かあちゃんのひとりごと

サポーターズデイ

今日は王子動物園のサポーターズデイ。
サポーターとは一年に一度寄付をし、その代わり一年間入園無料になるというもの。
そして、年に一度のサポーターズデイに参加できます。
ただし、これは抽選。
今年は当選したので行ってきました。

初めの30分ほどは今年一年で新しく産まれた動物や、新たに加わった動物の紹介。
死んでしまった動物の紹介などがあり、そこから、動物園の裏側を見せてくれる
ツアーがあります。
これが面白いです。
いろいろな舎の飼育場というか、裏側に入らせてもらえます。
例えば、は虫類や夜行性動物がいる太陽舎の裏側では実際にヨザルやコウモリに与えているエサを
見せてもらったり、陸ガメに触らせてもらったり、ニシキヘビに与えている鶏がいたり。
ライオンやトラがいる舎では夜間にトラがいる寝室(ケージ)の構造を教えてもらい、
入らせてもらったり、どんな肉を与えているのか教えてもらったり。
パンダの飼育員の人には、パンダが食べる笹の量や、うんちの量を教えてもらい、
実際のうんちを見せてもらいました。ほとんど笹が未消化ででるので、全然臭くないのです。
匂わせてもらったゆうたは「おまんじゅうが入った葉っぱの匂い」と言ってました。
こんなふうに、実際に飼育員の人から説明が聞けるのです。
動物園が身近に感じた一日でした。

ゆうたはまだ、小さいので、自由に好きなところが見られない(ついて行かないとはぐれるので)ことが
少し不満だったようですが、小学生くらいになったら面白いと思います。
ともなは動物園に着いた11時半から、4時過ぎまで、一回授乳をオムツ換えをしただけで、
あとはず〜っと寝続けてました。あ〜楽な子。

せっかく近くに住んでいるので、もう少し頻繁に行ってみようかなと思いました。
by go-kayoko | 2007-03-18 08:34 | おでかけ

どうして

そんな格好で眠れるの??
d0016392_8334961.jpg


これ、揺すっても起きないほど熟睡中なんです。
信じられん。
by go-kayoko | 2007-03-18 08:33 | かあちゃんのひとりごと

今日も・・

機嫌良く運動中。
d0016392_2220862.jpg



振り向くと、こんな姿に。
d0016392_22203292.jpg


ゆうたは6ヶ月近くなって寝返りしたけど、ともなは早そう。
ゆうたのこまごましたおもちゃを早く片付けなくては・・。

最近はげんこつをしゃぶったり、あう〜あう〜とおしゃべりしたりしてます。
おしゃべりは私が同じように返してあげると、喜んでさらにしゃべってくれます。
口をとがらせて、目を細めてしゃべる姿がすごく可愛いので、早速ビデオを撮りました。
それから、おっぱいを飲んでいるとき、「反対側をのもうか」と言うと、
吸う力を弱めてくれるようにもなりました。
赤ちゃんでもちゃんと話しかけてあげないとね。
by go-kayoko | 2007-03-16 22:21 | ともな