6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

初めてのゲーム

ゆうたはまだ、あまりカードゲームを楽しめません。
負けるのが嫌らしく、カルタも一人で取るだけ。私は読み手、ゆうたは一人で捕り手。
競争するのが面白いんだけど、まだそれを楽しむことは出来ないようです。

最近やっている次の方法での神経衰弱は楽しんでいるので紹介します。

私が使っているのはキンダーメモリーです。
全部のカードを使って神経衰弱をするのはまだまだ無理で、
覚えられないと嫌になったり、負けてばかりだと楽しめなかったりするので
ゆうたのレベルに合わせた神経衰弱のやり方をしています。

まず、10組のカードを出し、自分の好きな模様のカードを5枚選ばせます。
私は残りの5枚。
選んだカードは表を向けて、自分の前に並べておきます。
対になっているほうのカードはすべてひっくり返しておきます。
あとは普通の神経衰弱と同じで、交代で伏せてあるカードをめくっていきますが、
自分の手元に並べてあるカードと同じカードを引いたら、もう一度引けます。
違うカードをめくった場合は順番を変わります。
手元にあるカードがすべてペアでそろったら勝ちです。

この方法を二人でやると、私がめくって、外れたものはイコールゆうたが
集めているカードなので、次々と自分のカードをそろえていくことが出来ます。
ゆうたでも簡単に楽しめます。
今は、10組のカードのほかに、ペアにならないカードを3~4枚混ぜておいて、
何回かに一回は二人とも持っていないカードがめくられる・・・という状況にしています。

この方法なら、負けるのが悔しくて、カードゲームをやりたがらないゆうたでも
楽しんでやっています。
もう少し、楽しめるようになったら今度は3人でやってみたいと思います。
by go-kayoko | 2006-11-25 00:56 | 遊び

実家にいます

この前の土曜日に実家に移動してきました。
ゆっくりしようと思っていたけど、よく考えたら入院の準備をまだしていなかったり、
ゆうたの小さくなった服の整理をしていなかったりで、結局バタバタしています。
散歩も出来たり出来なかったり。
妊婦体操はお風呂上りにやっています。
ゆうたが一緒に付き合ってくれるんですが、私がふうふう言いながら15回スクワットをしている横で、
ゆうたはピョンコピョンコと軽く20回以上やっています。
まいりました・・・。

ゆうたは以前私が切迫流産で実家で安静にしていた間にお世話になっていた保育園に
行っています。毎日楽しみにして、行ってくれているので助かっています。

小さくなった服の整理なんですが、どうしたらいいんでしょう・・・。
うちのばあい、ゆうたは男、次は女の子なので何を置いておいたらいいものやら・・・。
女の子ってジーンズは履くんだろうか?とか
この色は女の子でも着そうだけど、ちょっとやっぱり男の子っぽいかな?とか、
パジャマは水色でもいいか・・・とか、
やっぱりこれくらいのサイズになったら、女の子らしい服が買いたくなるかしら(私が)?とか、
これは男の子っぽいけどブランド物できれいだから、リサイクルに出そうかな・・・とか
考えているうちに捨てられなくなっています。
どうしよう・・・。
服を置いておく基準って良く分からないわ。
また整理の仕方も分からなくて、同じサイズ90でも、メーカーによって全然大きさが
違ったりするし、パジャマばっかりとか、上着ばっかりとかで分けるほうがいいのかしら・・・

この貧乏性の迷える子羊に何かいいアイデアを下さい!!
by go-kayoko | 2006-11-22 17:09 | かあちゃんのひとりごと

移動します

明日から実家に移動します。
写真のアップロードは出来ないかもしれませんが、時々更新したいと思います。
ゆうたは実家近くの保育園にまた、行きたいそうで、
一時保育で通う予定です。

現在36週。
助産婦さんに言われたスクワットを毎日やってます。
安産のためにえんやこら〜です。
実家に帰ったら朝晩散歩しなくちゃ。
すっかり体がなまってますからね・・。
お腹が大きくてしんどいので、早めに産まれてくれるとうれしいなあと思いつつ
のんびり待つことにしようと思います。
by go-kayoko | 2006-11-17 09:54 | かあちゃんのひとりごと

自殺が増えています

最近多いですね、いじめを苦にした自殺。連鎖反応のように自殺のニュースばかり。
昨日、たまたまゆうたがいるときにテレビをつけたら、中学生の自殺のニュースをしていました。
ニュースの内容がよく分からないゆうたは「どうしたん、どうしたん。
死亡ってどういうこと?」と聞いてきました。
私があんまり神妙な顔をして、ニュースを見ていたからだと思いますが・・。

私が「お姉ちゃんがね、すごく嫌なことが沢山あって、つらくて、マンションの上の方から
飛び降りてしまったの。それでね、死んでしまったの。」というと、
ゆうたは「ふ〜ん。そんなん、飛ばれへんのに。」
私が「お父さんやお母さんが知らないうちにね、そうやって死んでしまったんだよ」というと、
ゆうたは「そんなん、お父さんもお母さんも悲しいなあ」と言いました。
私が「嫌なことがあったら、何でも言ってね。母さんはいつもゆうちゃんの味方になって、
どうしたらいいか、一緒に考えるからね。絶対に死んだりしたらダメなんだよ。どんなことをしたって、生きてないとね。」というと
ゆうたは一言「わかった」と言いました。

自分が子どもを持ってから、子どもの自殺のニュースを見るのは本当につらいです。
大抵の子どもは自殺する前に親にSOSを出しています。
それを知っていて、対処しようとして、それでもやっぱり自分の子どもが自殺してしまったら、
両親はどんなに辛いでしょうか。
ゆうたはまだ、小さいけど、常々「子どもはね、絶対に親より先に死んだらダメなんだよ」と言っています。これは私が昔から親に言われていたことです。これ以上の親不孝は無いと何度も言われました。本当にそうだと思います。

先日の岩城さんの講演でもこの話が出ていたのを思い出しました。
いじめの自殺が問題になっているけど、クローズアップされるのはいじめた側と、自殺した本人だけ。
でも今の時代、その他大勢の子どもに問題があるのではないか、
誰かがいじめられていることを知っていながら、それを自分たちで解決する能力を持たない子ども。
昔は「もうやめとけ」と言うような子どもや、仲裁する子どもがいたけれど、今は見て見ぬふり。
それが怖い。人間関係がうまく作れない子供が沢山いることの現れではないか。

これをきいて、本当にその通りだと思いました。今の時代、子ども全体がなにか
おかしくなってきているのではないか、自分の子どもはどうなのか、
どうすればきちんと育つのか、何が良くて、何が悪いのか。
世間の親たちの最大の不安事項だと思います。
一体どうしたらいいのでしょうね。
by go-kayoko | 2006-11-14 02:57 | かあちゃんのひとりごと

34週検診

もう、すでに35週に入りましたが・・・
先週の木曜日に検診に行ったので記録。

1ヶ月ぶりにエコーをしてもらって、大きさ測定。
なんともう、2700グラムもあるらしいです。
え?私、まだ34週ですよね??って思わず言ってしまいました。
エコー上では37週相当らしいです。
体重は2週間に2キロ増えて、怒られました。
塩分もカロリーも最近とりすぎています。

早めに生まれてくれると楽なんだけどな〜。
by go-kayoko | 2006-11-12 21:14 | マタニティ

だるまおとし

この前もらった、だるま落とし。
最近、ゆうたと私で遊んでいます。
初めは二つくらいしか落とせなかったけど、だんだん上手になってきました。
勢い余って、他のもたたいてしまい、全部崩れたり、
手元が狂って、だるま以外の物をすっ飛ばしてしまったり。
その度に大笑い。

親子で楽しめて、なかなかいいです。
by go-kayoko | 2006-11-12 21:10 | 買って良かった悪かった

岩城さんの講演会。

今日は保育園の母の会でKIDS いわき ぱふ代表の岩城敏之さんの講演がありました。
岩城さんのオモチャに対する考え方などに共感していたので、楽しみに参加してきました。

前半はおもちゃの話。
日本のおもちゃ業界の話。
おもちゃ業界とテレビ業界はタイアップして、いかに回転良く次々と新商品を親に買わせるか、
作戦を立てています。
ボウケンジャーも仮面ライダーも一年でキャラクターも、武器も、すべて入れ替わります。
その度に新しいおもちゃが出ます。ストーリーの中で、今まで使っていた武器が使えなくなり、
新しい武器が登場すると、時期を同じくして、新しい武器のおもちゃが出ます。
子どもは古い物に目もくれなくなり、物を大事にしなくなり、新しい物ばかりを求めます。
日本のおもちゃ業界はすごく遅れています。
一方、おもちゃ先進国のヨーロッパでは、おもちゃの持つ意味が大切にされています。
子どもの発達に添ったおもちゃ、想像力を働かせるごっこあそびのおもちゃ。
ルールを守ったり、順番を待ったりする力を鍛え、家族で楽しめるゲーム。手先の器用さを鍛えるおもちゃ。
ドイツのガチャガチャでは、カードゲームが出てくるそうです。
こういったおもちゃは地味で、目立たないので、日本ではなかなか売れないそうです。
また、おもちゃの寿命も長いので、もうけにつながりません。
でも、子どもの体や心の発達にとって、いいおもちゃはどちらでしょうか。
ヨーロッパの子どもは恵まれていると思います。と言うより、日本の子どもはかわいそうです。

それから、賢い子どもを育てましょうという話。
東大に行く子供が賢いのではありません。
自分がするべきことを自分で見つけられる子どもが賢いのであり、親にあれこれ言われて、させられて、賢くなるのではありません。
そのための条件は次の通り。
よくみて、よくきき、良くまねる子どもに育てましょう。
そのために早寝早起き朝ご飯を心がけましょう。
脳は朝、目が覚めるまでに2時間かかります。また、朝ご飯を食べないと脳にエネルギーが届きません。

メディアと子どもの話。
テレビ、テレビゲームの話。
テレビを見せていても、実体験が伴わないので賢い子どもは育ちません。
次々に入れ替わる画面に錯乱しているだけで、内容を理解しているわけでも、何か身に付いているわけでも無いという話。2歳まではテレビをあまり見せないように。
テレビゲームについてはゆうたが生まれた頃、出版された「ゲーム脳の恐怖」という本の
内容について、お話しされていました。
私も出版された頃読みましたが、認知症のお年寄りの脳について調べていた著者が
大学生の脳も同じ状態になっていることに気づき、調べてみたところ、ゲーム、メールを長時間している子どもは、
認知症のお年寄りと同じように脳の前頭前野がほとんど働いていないと言うことがわかりました。
前頭前野はもっとも人間らしい活動を支えているところで、創造力、感情、忍耐力などを司っています。
岩城さんは9歳まではゲームはダメ、9歳以降はルールを設けてさせるのがいいと言う考えでした。
テレビはゲームについては来年あたり、規制が始まるのではないかというお話でした。

そして、いい人間関係が作れる子供に育てましょうと言う話。
挨拶をきちんとしましょう。
子ども同士が何か問題がおこっているときは、人間関係を学ぶチャンスだと思って喜びましょう。
子どもの話をよく聞いて、共感してあげましょう。
どうするのがいいのか、子どもと一緒に考えてあげましょう。
現代は親の世代が人間関係の構築が苦手になっていることを自覚しましょう。

おもちゃの話だけでなく、日本の子どもをしっかり育てましょう。みんなで協力して
これからの日本のために人間らしい、賢い子どもを沢山育てましょうというメッセージが
伝わる講演内容でした。
また、お話そのものも笑いが満載で楽しかったです。
また、こういった講演会を与えてくれるような保育園に自分の子どもが通園できていることをありがたく思いました。
by go-kayoko | 2006-11-11 16:10 | かあちゃんのひとりごと

初めての・・・

今日は初めての体験をしました。
それはハウスクリーニング。
毎年、年末にはキッチン、お風呂、洗面所などの水回り、窓、サッシ、網戸洗い、
照明器具、フローリングの拭き掃除などなど、大掃除に追われる我が家。
本当に大変なんです。父ちゃんも仕事が忙しい中、ある程度は手伝ってくれるけど
多くは私の負担。
でもやらないとお正月が落ち着いて迎えられない私。
普段は掃除はもっともさぼっている家事のうちの一つのくせに・・・。
いや、だからこそ、年末くらいと思うのかもしれませんが。
今年は私の出産が年末にかかるので、業者さんに初めてクリーニングを頼みました。

頼んだのは家の大掃除ひととおりと、エアコン洗浄、お風呂の浴槽下の高圧洗浄。

プロって言うのはすごいですね。
え〜そんなところまで外せるの??と言うところまで外して、掃除してくれました。
お風呂も築7年にして初めて浴槽の手前の板が外れることを知りました。
中は申し訳ないほどのすごいカビ・・。こりゃ、いくら掃除しても、ここにカビがあったら
すぐに他のところがカビるわな・・・・というほど。
台所のコンロのはトップの部分が外されて、レンジフードもバラバラに分解されて、
なんかすごいことになってました。いくらこすっても綺麗にならなかった五徳もピカピカ。
窓も思わず(開いてる)と勘違いするほど綺麗で、拭きあとなんて見あたりません。
もちろんサッシもピカピカ。
フローリングや扉もすべて拭き掃除してくれて手触りが違います。
そんなに汚れてないと思っていたけど、汚れていたんですねえ。

居住したままの掃除なので、物を置いているところとか、家具の上のホコリなんかは
掃除してもらえないけど、一番面倒なところが終わってしまったので、
私はもう、ウハウハです。綺麗になってうれしい〜〜気持ちいい〜新築みたい。

私が頼んだところの業者さんはおすすめです。
何より、掃除に来てくれる方が若くて、テキパキしています。
ご家族で経営されているそうですが、本当に親切で誠実に掃除してもらえました。
掃除のこつも教えてもらって、よかったです。
大手のところより、いいんじゃないかと、私は個人的に思います。
KISさんと言うところです。
ちなみに年末の大掃除は10月初旬で予約一杯になるそうです。
by go-kayoko | 2006-11-08 22:29 | 買って良かった悪かった

満足・・。

結局3体も作ってしまったウォルドルフ人形のC体。
男の子はゆうた用、髪の色が薄い女の子は、次に産まれるベビー用、
最後に作った茶色の髪の女の子は友人の子どもさん用。
服も作りました。
家にある、良いミシン。初めて活用されました。
茶色の髪の女の子は写真のように超ロングです。三つ編みも余裕。
かわいがってもらえるといいなあ。

d0016392_2312123.jpgd0016392_23122720.jpg


3体も作って、ちょっと満足。
by go-kayoko | 2006-11-07 23:09 | かあちゃんのひとりごと

英語?

保育園の同級生から時々英語を習って、最近英語に興味があるゆうた。
「イチゴはストロベリー、お休みはグッナイ、りんごは?犬は?」と聞いてくる。
そんなゆうたに私から質問。

「ゆうちゃん、ありがとうって英語でなんて言うか、知ってる?」
しばらく考えた後、ゆうたは・・・


「わかった!『まいど』でしょ!?」

どひゃ〜
それは近所のおそば屋さんが宅配してくれるときにいつも言っている言葉です!!!
by go-kayoko | 2006-11-05 21:13 | ゆうたの一言