6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

登園拒否

最近時々「明日、保育園に行きたくない」というので、
保育園の先生に何かあったか聞いてみました。

先生はすぐに「あ〜○○くんのことだと思います」とのこと。
どうやら、○○くんの家では赤ちゃんが生まれたらしく、親子遠足以降、
保育園で「ママがいない、ママがいない」と泣いて、ちょっぴり不安定になっているみたい。
散歩の時にはいつも二人組で手をつないで行くのだけれど、
そこで○○くんと仲のいいゆうたなら大丈夫と抜擢されたらしく、
ゆうたは○○くんと手をつないで散歩に行くことになりました。

ゆうたと手をつないでも、やっぱり「ママがいなくて寂しい〜」と泣いている○○くん。
ゆうたも初めは「ゆうちゃんもお母さん、いないで。みんな、お母さんはいないで。
大丈夫だから」と言っていたらしいけど、それでも泣きやんでくれない○○くん。
そのうち、ゆうたは「先生〜ゆうちゃんもなんかお母さんがいなくて寂しくなってきた〜」と
二人で泣いてしまったらしい。

先生は「ゆうちゃんだったら○○くんも大丈夫かなと思ったんですけど、ダメで、
ゆうちゃんもそんなに強くないほうだから、一緒に泣いちゃって、しまった〜と言う感じだったんです。はじめに励ましてくれていたゆうちゃんもゆうちゃんらしいし、一緒に泣いてしまったゆうちゃんもゆうちゃんらしいんですけどね〜」

なるほど、納得。
そういえばこの前、「今日はお散歩やってんで。○○くん、お母さんがいないって
ずっと泣いててん。」って言ってたなあ、でも自分も泣いてしまったことは言わなかったなあ。
家に帰ってからそれとなく、○○くんの話をしてみたら、やっぱり「最近よく泣いてるねん」とのこと。「ゆうちゃんも○○くんみたいに泣くこと、あるの?」ってそれとな〜く聞いてみたけど、
ゆうたは「なかへんで。普通の顔をしてる」だって。プライドがあるんでしょうね。
子どもの心の中って、面白いなあ〜と思った出来事です。
by go-kayoko | 2006-10-26 00:14 | かあちゃんのひとりごと

遠足

今日は保育園の親子遠足の日。
ここのところずっと晴れていたのに、今日に限って雨が降りそう。
行き先はフルーツフラワーパークの予定だったけど、須磨水族園に変更。
水族園が好きなゆうたは、密かに喜んでいました。

去年の遠足ではどちらかというと、完全に親子で行動という感じでしたが、
今年は4歳になったということもあり、お友達と楽しそうに遊んでいました。
園庭に並んでいるときから、ちょっかいを出し合ったり、戦いごっこのまねをしてみたり。
気がつくと、まわりには普段、ゆうたの口からよく出る名前のお友達ばかり。
ほんとに仲がいいのね〜

水族園はそこら中の保育園や幼稚園の遠足組が集合したのではないかというほど、
大混雑です。5〜6団体くらいいたのでは?
こんな日に一般の方がくると、「タイミングが悪い〜」と言うことになるんでしょうね。

入って正面に大水槽があるにもかかわらず、水槽には目もくれずにゆうたが向かった先・・・
d0016392_085629.jpg

そうなんです、須磨水族園でウルトラマンメビウスの映画の撮影が行われたんですね〜。
このモニターは映画の宣伝用。
初めはゆうた一人でしたが、わらわらと同じような「戦い好き」の男の子達が集まりました。
みんな、お魚は???

タッチプールでヒトデやウニを触り放題。普段はなまこや魚もいるらしいですが、
今日はあまりの子どもの多さに減らされているのでは?と思うほど少なかったです。
d0016392_09677.jpg


友達と食べるお弁当はうれしいね。食べてる間中しゃべり続けてました。
d0016392_091576.jpg


こんなすごい物もあるんです。
この後、子ども達がわらわらと集まってきて・・・
「入り口の前で集合写真を撮ったけど、ここでよかったんじゃない?」という保護者の声も・・。
d0016392_092546.jpg


自由時間が2時間ほどしかなく、すごい人だったので、ゆっくり出来なかったけど
ゆうたにとってはすごく楽しかったらしいです。
よかったね。
by go-kayoko | 2006-10-23 23:53 | おでかけ
ゆうたは最近、赤ちゃんの話をよくします。
私自身、ゆうたの変化が楽しみでもあります。
でも、私はゆうたに「〜して欲しい」という期待はしないことにしています。
下の子をかわいがって欲しい、守って欲しい、私を助け、手伝って欲しい。
そういう思いは一切ありません。
それよりも、下の子どもが産まれたとき、ゆうたが何を感じ、思っているかを考えて
優先してやりたいと思っています。
甘やかすのではないけど、しっかり気持ちを受け入れて、甘えさせたいと思います。
下の子どもの面倒を見るより、もしかしたら、こっちの方が大変かもしれません。

この前、自分が赤ちゃんの時のビデオを見て、久しぶりに自分から膝に乗ってきて、甘えていました。
「お膝に座っても、お腹の赤ちゃんは大丈夫?」って言っていました。
ちゃんと思いやりが育ってきている子どもは何も言わなくても、お母さんが喜ぶことや、手助けをしたいと思っていると思います。
ゆうたも「ゆうちゃんはかあちゃんのこと、助けたいと思ってる」と言ったことがあります。
その子に「〜して欲しい」と期待したり、無理矢理させることは、その自然に生まれる
子どもの思いやりの感情を潰してしまうことになると思います。
何より「〜して欲しい」と期待すると、どうしても子どもに「今のままじゃダメ、こうなって欲しい」と伝えていることと同じことになってしまいます。

私は今まで、出来る限りゆうたの気持ちを考えて、子育てしてきたつもりです。
ゆうたに合わせられることは合わせるし、合わせられないときは
「ゆうちゃんが〜と思うのは分かるけど、こういう事情で出来ないの」と、とにかく気持ちを受け入れるように気をつけてきました。
感情の起伏の激しいゆうたを育ててきて、こうした方がうまくいったと最近感じています。
時々イライラして、ダメ母になることはありますが・・・。
それでも気持ちを踏みにじってしまったと思ったときは、素直にゆうたに謝ってもきました。
4歳になり、ゆうたの思いやりの気持ちはちゃんと育ってきているはずだと信じています。

下の子どもが生まれたら、全く新しい経験、環境にゆうたは悩むと思います。
どうするのが一番いいのか、葛藤すると思います。
もしかしたら、どうしたらいいのか分からなくなって、周りの大人を困らせるかもしれません。
それでも私はいいと思っています。
当分はゆうたの気持ちを優先してあげて、どうするのが一番いいのか、
ゆうた自身が早く見つけられるようにサポートしたいと思います。
これが、今現在のゆうたを見て、私が考えていることです。
by go-kayoko | 2006-10-23 06:59 | かあちゃんのひとりごと

冷や汗・・

ゆうたはどういう訳か、細かいことをよく覚えている。
全部を覚えているわけではないけど、気になったことは覚えているのだろうか。
楽しかったお出かけのことなんかは、よく覚えている。
一年くらい前のことは当然のように覚えているなあと感じていたのだけど、
実はもっと前のことも覚えていることが分かった。

ウチにあるオモチャ、あまりに多いので、ゆうたが忘れていそうな物から
片付けたり、捨てたりしているのだけど、そのなかにカタログギフトでもらった
黄色いマンドリンが昔あった。
お友達のようちゃんの家にギターがあり、興味を持っていたので
面白いかなあと思ってもらったのだけど、音の合わせ方がよく分からず、
弾くこともなく、今は箱にしまわれて、クローゼットに入っている。
もう、片付けてからかれこれ2年くらいにはなると思う。
先日、ギターの話をしながら、ぽつんと「ゆうちゃんちにも、ギターがあってんけどなあ〜」
私は覚えていたことにビックリして、どぎまぎしながら「あったっけ?」と言うと、
「うん、黄色いやつ、どこにいったんかなあ〜」と言う。
うわ〜この調子だと、あの捨てたオモチャも、この片付けたオモチャも、覚えてるんだろうか?

覚えているのは物の記憶だけでないようで、この前は「グーチョクパーで、グーチョキパーで」と
手遊びの歌をお風呂で歌いながら、いきなり、
「この歌、ようちゃんのママに教えてもらったなあ〜」
これは確実に2年くらい前の話。私も言われるまで忘れてました。
わわわ・・・
私があんなことで怒ったことも、理不尽なことで機嫌が悪くなっていたことも、
何もかも覚えてるんでしょうか・・・。

記憶されていることと、されていないことがあるとはおもうけど、その基準がよく分からない。
どちらにしても、ちょっっと冷や汗が出ました。
by go-kayoko | 2006-10-18 23:26 | ゆうたの一言

不安がいっぱい

夕飯時

ゆうた:「かあちゃん、ウチに地震が近づいてきたら、どうする?」
私:「このマンションは潰れないよ。物は落ちるかもしれないけど。」
ゆうた「じゃあ、じゃあ、火事は?地震は大丈夫だけど、火事は燃える?」
私「そうやね〜。ウチの中で火事を起こしたら燃えるかも。だからコンロをつけっぱなしたらダメだし、ゆうちゃんも火で遊んだらダメなんだよ。でも、ウチの中が火事を起こさなかったら大丈夫だと思うよ。」
ゆうた「ゆうちゃん、火事が怖いわ〜火事になったらどうしよう」


そして寝る前・・
ゆうた「ゆうちゃん、怖い夢を見そう」
私「ゆうちゃん、最近は怖い夢を見てないって言ってるよ。昨日も、おとついも、怖い夢を見なかったって言ってたよ。」
ゆうた「見たの!」
私「どんな夢?」
ゆうた「保育園でね〜○○ちゃんがいたの。かあちゃんもいたよ。○○ちゃんのママとしゃべってた。」
私「怖い夢じゃないやん。」
ゆうた「でもねえ、大人は子どもがいる間は死なない?かあちゃんはゆうちゃんが大人になるまで、いる?」
私「いるよ。おばあちゃんにはなるけどね。ゆうちゃんの方が母さんより力持ちになるよ」

子どもってみんな、こんなに不安がるものでしょうか?
私も子どもの頃、怖がりでしたが、こんなに毎日毎日、怖がってなかったような・・。
親がそばにいて、毎日楽しく過ごしていて、それなのに何でだろう。
何か不安の原因になるようなものがあるのかしら、
自分の言動に何か原因があるのかしらと、ちょっと気になる今日この頃。
by go-kayoko | 2006-10-18 01:31 | ゆうたの一言

久々のおでかけ

妊娠する前は保育園が休みの日で、気候がいいときには
ゆうたを連れてお出かけしていたけど、最近行けていません。
下の子が生まれたら、余計にゆうたとゆっくりお出かけしたり、出来ないなあと思っていました。

土曜日の昨日はゆうたが家でおとなしくしてくれていたので、家の用事が出来たし、
今日は朝から父ちゃんに手伝ってもらって、掃除も出来た。
父ちゃんは仕事だというので、久々にゆうたと出かけてみることにしました。

子どもとのお出かけはなかなか楽しいです。
私は親の用事に子どもを付き合わせるのは、子どもとのお出かけとは違うと思っているので、
子どもが楽しめることが一番で、ついでに親も楽しいと嬉しいという考えです。
ゆうたが嬉しそうにしたり、楽しそうにしているのが一番嬉しい。
今日はゆうたがずっと行きたがっていた「交通博物館」に行きました。
「交通博物館に行く?」と言っただけで、ゆうたは大喜び。
さすがに電車はしんどいので、初めて車で行きました。自分が運転できてよかった。

ゆうたは館内に入るなり、小躍りしてあちこち走り回っています。
もう、4歳になり、すぐそばで付いていないとダメという状態ではないので、
私は疲れたら少し離れたところに座って、見ているだけで大丈夫。楽になりました。
沢山の模型電車が走るジオラマを、二人で興奮しながら一緒に見て、
一緒に新幹線弁当を食べて、
d0016392_0123154.jpg

一緒にSLの運転席を「暑そうやね〜」と言いながら、見て。あ〜楽し。
d0016392_012427.jpg

最後にご当地ピンバッジがもらえる100円のガチャガチャみたいなオモチャをしました。
15種類あるうち、10種類は駅の看板。5種類は新幹線の柄です。
(駅の看板が出てきたら、嫌がるだろうな・・・)とさせてあげようかどうか、迷っていたら、
「看板でもガマンする」というので、させてあげました。
すると、一番ゆうたが好きな、500系新幹線のバッジ!
中を見るなり「500系や!」と喜ぶゆうた、「うそ、ほんま?良かった〜」
二人で一緒に大喜び。
車の中でも一緒にペチャクチャおしゃべりしながら帰ってきて、楽しい一日でした。
下の子が生まれて、少し大きくなって、一緒にいろいろ楽しめるようになったら
どんなに楽しいだろうなと、思います。

楽しみです。
by go-kayoko | 2006-10-16 00:26 | おでかけ

ニューフェイス

完成した人形。

小さい方の赤ちゃん人形は、次に産まれる子供用と思っていたけど、
ゆうたが「すごいかわいいから、欲しい」というので、結局ゆうたにあげることに・・・。

大きい方が「たっくん」、小さい方が「れおなちゃん」です。
今日の朝、気がつくと、ベッドの上にこの二人と、もともとウチにいる人形の「トムトム」が
並んで寝かされて、ゆうたの毛布が掛けられていました。
ゆうたが「寝かしてあげた」のだそうです。

たっくんの方は、もう少し髪が短い方がいいというので、散髪する予定です。
d0016392_025830.jpg


人形作りの魅力は、洋裁のように、細かすぎないことです。
私は手先を使うことは好きな方ですが、凝り性ではないので、
あまりに細かい作業は嫌になってしまいます。
その点、人形は割と大胆に作れて、出来上がりもかわいいし、楽しいです。
沢山出来ても、困るので、その点が問題だけど。
それから、人形のキットには服が入っていないので、服を作らないとダメですが、
私は全く洋裁が出来ません。
本には人形のセーターの作り方や、靴、帽子、リュックの作り方、
パジャマ、肌着の作り方なども載っています。型紙も載っています。
でも、これをどうすれば??という状況で・・・・読んでも作れません。
ささっと洋裁が出来る人がうらやましいです。
by go-kayoko | 2006-10-16 00:25 | 母の趣味

結婚願望

ゆうたが最近毎日のように
「ゆうちゃんはかあちゃんと結婚したい」といいます。
親冥利に尽きます。
今日は「ゆうちゃんが結婚する頃には、かあちゃんはおばあちゃんよ」というと、
「どんなおばあちゃんになるのかなあ〜」と言いました。

ほんとに、ゆうたが大きくなる頃には私はどうなっているんだろうと思いました。
by go-kayoko | 2006-10-13 23:58 | ゆうたの一言

最近・・

ブログも放置して、何をしていたかというと・・・

これです。

d0016392_2244780.jpg


人形作り。
はじめに私が教えてもらって作った方は、服を着ている方です。
この服も作りました。
ゆうたがかわいいから欲しいというので、これはゆうた用になりそう。
やっぱり男の子が欲しいんだそうです。
近々顔をつけて、植毛を教えてもらう予定です。

というわけで、次に産まれる子供が2歳くらいになったら、あげようと、
もう一人つくりました。
こちらは女の子にしたいので少し頭を小さめ、手足も細めにしました。
なんだかちょっと胴が長いですが・・・。
作るたびに反省点があって、もう一つ作りたくなります。

私は寝不足です。あ〜眠たい。今から寝ます。
by go-kayoko | 2006-10-13 02:27 | 母の趣味

30週検診

今日は妊婦検診30週目。
8ヶ月。

貧血の検査をしました。

ここ2週間くらいでますますお腹が大きくなり、しんどくなってきました。
一番辛いのは職場の移動。
歩いたり、階段を上ったり(最近は2階以上の移動はエレベーターに頼ってますが)すると
恥骨のあたりが痛んで、下腹部が痛みます。
息も上がります。

ご飯も吐いてしまうので、一度に沢山食べられなくなりました。
おかげで体重増加が抑えられつつあります。

それから下に落ちた物を拾ったり、片付けたりするのもしんどいことの一つです。
先日掃除機をかけたら、床に落ちている物を片付けたり、椅子を動かしたりするのが
しんどかったです。
掃除は放棄しました。休みの日に父ちゃんに協力してもらいたいと思います。

皮膚の痒みは無くなりました。手足はシミだらけになっているけど、
前みたいに痒くはありません。
大きくなってきたお腹は最近痒かったけど、スイートアーモンドオイルに
炎症を抑えるラベンダーや、痒みを抑えるティーツリーのアロマオイルを入れて
マッサージするようになってから、治まっています。
ラベンダーのオイルは手足のひっかき傷にも劇的に効きました。
なかなか治らなかった傷が綺麗に治ります。
アロマって結構効くのね・・・と思った瞬間でした。
by go-kayoko | 2006-10-12 02:15 | マタニティ