6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー

<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お泊まり

今日は、同い年4人組、1歳二人とお泊まりの日。

まずはイチゴ狩りに行ってから・・・
(3月5日と同じところだけど、相変わらずおいしいわ〜)
おばさんに教えてもらった、おいしいイチゴの見分け方。
ヘタがイチゴにくっついているのがいい。
首が伸びたようになって、ヘタが浮き上がっている物は味が落ちる。
真っ赤でなくても、つやがあり、ピカッとひかっているようなイチゴがいい。
なるほど、私、かなりの確率でおいしいイチゴを選べるようになりました。
少しくらい白っぽくてもいいらしい。
ゆうたも、よく食べました。
d0016392_14125382.jpg


今日の泊まり先は南光町自然観察村のコテージ。
寒かったので床暖房が入っているほうのコテージにしてもらいました。
コテージはすごくきれいです。
8畳ほどの和室に、10畳くらいのダイニングキッチン。
このダイニングに2段ベッドがあるんだけど、子供たちの恰好の遊具でした。

夕飯は持ち込んだ食材で豆乳鍋。
3歳児4人と1歳児2人で大騒ぎ。コテージだと周りに気を遣わなくていいので気が楽です。
あっちこっちでケンカが勃発、誰かが泣いているか、
全員で走り回って遊んでいるか・・・。
食事の間も、「ゆうちゃん、うどんがいい。うどん、うどん」「エビは〜?ねえ、エビは〜??」
「貝、無くなった。もっとちょうだいよ!」
ほんとににぎやかです。

夕飯の後、イチゴを食べている子供たち。
おいしいで〜す・・・と返事しています。
d0016392_141373.jpg


布団を敷こうと思っても、この有様。
子供たちが遊んでしまって、敷けません!
d0016392_14132179.jpg


やっと10時半くらいになって、子供が全員寝て、
親たちは一息ついて、飲み直しです。
あ〜やっとしゃべれるわ〜。

朝も子供たちは2段ベッドの上で遊びまくりです。
d0016392_14133427.jpg


叫んでみたり。
d0016392_14134469.jpg


朝ご飯の後は施設内で遊びました。
クルミを拾ったり、遊具で遊んだり、
小川で遊んだり。
すぐそばを千種川が流れているので、夏は気持ちいいと思います。
d0016392_14135696.jpg


自然観察村を出てからは、道の駅の裏の河原で遊びます。

都会の子供はアスファルトの上しか歩いてないけど、こういう足場の悪いところを
しっかり歩かせて置いた方がいいと、私は思う。
石が大好きなゆうたは、喜んで拾っては投げていました。
d0016392_14141631.jpg


千種川は本当にきれいです。
川が青というか、みどりというか、澄み切っています。

男の背中??
d0016392_1414289.jpg


子供みんなで石投げ。
d0016392_14144154.jpg


ゆうたは「楽しかったね〜。また、行こう」と言っていました。
子供が沢山いると、本当に楽しいね。
by go-kayoko | 2006-03-31 14:12 | おでかけ

保育園一年終了

昨年の4月に入った保育園。今日が この学年最終日。

保育園に行って、良かったこと。

子供同士の関わりが沢山もてたこと。
一人でがんばることを覚えたこと。
身の回りのことが自分で出来るようになってきたこと。
お手伝いが出来ること。
薄着になったこと。
足が丈夫になったこと。
何でも食べること。

逆に、保育園に行って、良くないと思ったことは、
戦いごっこにはまっていること。(みたこともないボウケンジャー、ウルトラマン)
ゆうたがどんなことに興味があるのか、私がわかりにくくなったこと。
何か一つのことを、満足するまで出来ないこと
(集団生活上、どうしても時間の制約があるので)
私に対する甘えが強くなったこと。

次の一年、どんな成長をしてくれるのか、楽しみ。
by go-kayoko | 2006-03-30 14:04 | ゆうたの成長

かあちゃん大好き

あまりにゆうたに愛されすぎて困っている。
車に乗るときは「かあちゃんの隣に座る」
はを磨くとき「かあちゃんが磨いてね」
寝るとき「かあちゃん、一緒に寝よう」
顔を拭くとき「かあちゃんが拭いて」

なんでもかんでも、「かあちゃん、かあちゃん」だ。

私が一息つこうと座ろうものなら、すかさず膝に座る。
新聞を読もうと背中をかがめたら、その上によじ登る。
自分で出来ることでも私がいると、「かあちゃん、やって」
普段は自分で脱げるズボンも「脱がして」
用事をしている横で「ゆうちゃん、かあちゃんとちょっと一緒に遊びたいねんけど・・・」と言う。

とうちゃんや、ばあばが、ゆうたの身の回りのことをしてやろうとしても、
「かあちゃんがいいの!」と言う。

こんな調子で自立できるんだろうか。

何もかも、私がやらないとダメなのか??
かわいんだけどさ、かあちゃんは、ちょっと疲れている。
by go-kayoko | 2006-03-27 00:55 | かあちゃんのひとりごと

けいちゃんと

ようちゃんと、けいちゃんが遊びに来てくれた。
ゆうたとけいちゃんはほぼ2歳ちがう。
すごい大小差だ。
d0016392_1443929.jpg

by go-kayoko | 2006-03-23 14:03 | かあちゃんのひとりごと

かんちがい?

確か、昨日ラジオで和歌山の方で桜が開花したと聞いたはずなのに、
お父ちゃんが「一本だけ桜が咲いてるから見に行こう」というので、
フラフラとついて行った。

噂の木はこれ。
d0016392_0151964.jpg


なんか、花が違うな。

公園の中に入ってみると、同じような木が沢山。
よく見てみると「ウメ」って書いてある。
やっぱり、桜には早すぎるな。
d0016392_015311.jpg

よその子供が親がついているのにウメの花をむしりまくっているのが、気になる私は
心が狭いんだろうか。それって当たり前なの?
ゆうたはまねして枝ごと折りたがったけど、みんなの花だからと言って
花を一つだけとらせてもらった。
後で気がついたことだけど、よく見たらあちこちに花が落ちている。
むしらなくてもこれで十分やん。
いや、これはむしった残骸なのかな??

お父ちゃんは自分の買い物がしたくて、「もうええやろ、もうええやろ、
買い物に行こう」と言ったけど、ゆうたの目にとまったのは
たくさんの子供たちと遊具。「遊ぶ〜」と行ってしまう。
d0016392_0154347.jpg

今日は昼寝が終わるまで家にこもってたもんね。よしよし、遊んでこ〜い。と
私は思っている。子供は買い物なんかより、外で遊ぶのが楽しいんだ。

ひとしきり遊んだ後、ハーバーランドに行ったら、豪華客船の飛鳥が停泊していた。
めちゃくちゃ大きい。
手前を走っている小さい船は、港の遊覧船だ。
よく見ると後ろのホテルより大きい。
父ちゃんは買い物でいなかったので、私はゆうたとぼんやり船を眺めていた。
「いいな〜母さん、年をとったらあんな船に乗って、世界一周したい。
いろんな国に行って、いろんな物をみて、いろんな物を食べるねん」と独り言を言うと
「ゆうちゃんも行きたい」という。
「行ってもいいけど、自分の代金は自分で働いて稼げ」と3歳児に諭してみたりして。
d0016392_0214660.jpg


この近くの海には、上から見てもわかるほどの魚の大群がいた。
辺り一面、魚影がびっしり見えて、所々はねて、銀色の腹を見せている。
結構大きな魚だ。鯖くらいの魚。なんだろう。
海の上をわたる歩道橋のところから、ゆうたと魚を眺めていたら
高校生くらいの男の子3人組が、大きな石を持ってきて、ボチャ〜ンと放り込んだ。
魚はびっくりして、さ〜っと逃げまどっている。
「死んだかな、死んだかな」「あんなでかい石やで、絶対当たって死んでる」と話している。
なんだか不愉快になった。食べもしないくせに、殺すなよ。
ゆうたもまじまじと見ている。「なんで石、入れたん?ゆうちゃんも、これ入れたい」と
たまたま持っていた小石を入れたがった。
「ゆうちゃん、お兄ちゃんらは魚を殺そうと思って石を入れたんよ。ゆうちゃんはどう思う?」
と言うと、「かわいそうや」と言う。そして「魚が浮いてきてへんから、死んでない」と言う。
「ゆうちゃんが、この石を入れたら、お兄ちゃんらと同じことをしてることになるねん、
どうする?魚はびっくりするよ」と聞いたら、
しばらく考えて「ゆうちゃん、石を入れない」と言った。
家に帰ってからも、この話を何度もするので、「ゆうちゃんがあのお兄ちゃんくらいに大きくなって、友達が石を入れようとしたら、どうする?」と聞いたら
「ゆうちゃんは入れない」と言う。
「入れんとこうって、言える?」と聞くと、「わからん」らしい。

イヤだと思うことは、イヤだ、
したくないことはしたくない、
ダメだと思うことはしない。
周りに流されないで、そういった主張の出来る人間になってほしいなあと思った。
そして、自分で善し悪しを判断して、それを信じられる子供になってほしい。
by go-kayoko | 2006-03-21 00:06 | おでかけ

ん?

私がお風呂から上がろうとしたら、ゆうたがなにやら黒いサスペンダーを
後ろ前が反対になるように付けて、やってきて、「#+$%みたいでしょ」と言うので
よく聞こえなかったが、「うん、そうやねえ」と適当に返事した。

でもまた後で、やってきて、「ねえねえ、ゆうちゃん、スッパイダーマンみたいでしょ」という。
「・・・・ん???どこが?」と聞くと、
「ほら、スッパイダーマンの服、ここ(胸のところ)に蜘蛛の絵が描いてあったでしょ!
ゆうちゃんが、今、付けてるのがね。その蜘蛛やねん」

「?!!!」

サスペンダーのクロスのところが蜘蛛の体で、三本のゴムの部分が足ってことらしいです。

でも、母ちゃんの想像力が乏しくて・・・・無理です。
by go-kayoko | 2006-03-15 00:42 | ゆうたの一言

大集合

今日は夕方から我が家にいさくくん、ひなちゃんが集合。

みんなで 晩ご飯。
d0016392_131645.jpg


デザートのケーキ。
チョコレートケーキでヒゲになってます。
d0016392_133194.jpg


鼻の下に鼻水のちょび髭、
口の上に牛乳の白髪ヒゲ、
口の下にチョコレートのあごひげをつけて、おもしろかったんだけど
写真を撮ろうと思うと、この怒りよう。
d0016392_134333.jpg


よく遊んだねえ。楽しそうでした。
d0016392_14080.jpg

by go-kayoko | 2006-03-13 01:02 | 遊び

見えなくても見える映画

ゆうたがスパイダーマンのDVDを見つけて、「ゆうちゃん、スッパイダーマンの
ビデオが見たい」というので、見せてやった。
(かれ、必ずスッパイ・・・と小さい「ッ」が入ります)

私はキッチンに入って夕飯の用意をしていたんだけど、ゆうたがずうっと
映画の解説をしているので、スパイダーマンの動きが手を取るようにわかる。
「逃げようとした蜘蛛がふ〜ってやってきて、ちくってかんで、それで、スッパイダーマンに
なってん。蜘蛛にかまれたら、スッパイダーマンになる?」
「スッパイダーマンは本物じゃないねん、中は人やねん。
服を着てるねん」
「スッパイダーマン、壁をのぼってる」
「スッパイダーマン、強いなあ。悪者が飛行機に乗ってきてね、
風船にぼわ〜んってぶつかった」
「スッパイダーマン、火の中に入っても、燃えへんかった。」

相当興奮してみている図

d0016392_105398.jpg


そして、終わってからは「シュシュシュシュ〜、シュワッ」と言いながら
ソファーの背もたれから大ジャンプ。


はいはい、わかりました。
by go-kayoko | 2006-03-12 00:55 | かあちゃんのひとりごと

これです。

噂の花は、こんなのです。
d0016392_0521060.jpg


うわ、でかい。


豪華な花をおかずに、粗末な食事・・・。
d0016392_0522248.jpg


食卓の半分を占めてますので、3人家族は一緒に座れません。
一緒にご飯を食べようとしたら、花に頭をぶつけながら、食べないとダメでした。

というわけで、今現在は玄関に移動しています。
(それもはみ出していて、通るたびに花に当たるんだけど・・・)
by go-kayoko | 2006-03-11 00:51 | かあちゃんのひとりごと

そういえば・・・

今日は記念日でした。
式はこの日にしたのでした。

私はすっかり忘れてました・・・・

仕事から帰ってきて、夕方、リンリンと電話が鳴るので出てみたら
花屋さんが、「今からお届けに行っていいですか?」とのこと。

「花???はて??」


「おっ」

そうそう、今日だったわ。

ってわけで、すっかり忘れてました。
忘れていつものペースで夕飯の用意をしたもんだから、
結構早い時間にお父ちゃんは帰ってきたのに、
私もゆうたも夕飯をばっちり済ませてしまいました。

そういえば、去年、「お花がいい」と、リクエストしたんだっけ。
花を選んでいる姿を想像するだけで、ちょっとおかしくて、楽しみにしていたら
どか〜んとアレンジメントが届いたんでした。
うん、父ちゃんが選んだんでなく、お店の人がえらんだやつね。
今年も届きました。巨大なアレンジメント。
今年のテーマは「面白い感じにしてください」だったそうです。
小さい家の小さいダイニングテーブルの半分を占めてます。
うれしいけど、玄関に飾れるくらいの花束でもいいです。
ちょっとづつはずして、生けようかな。
チューリップや、カラー、バラ、スカシユリ、カーネーションなど盛りだくさん。
ありがとうです。

そうそう、お届け伝票の名前、送り主は○○(名字のみ)
送り先は「本人」って書いてあった。
ぷっ・・・・ありえん。
花屋で自分の名前と私の名前を書くのが、そんなに照れくさかったか。

と、ちょっと想像して、くすりと笑ってしまった。
by go-kayoko | 2006-03-10 00:29 | かあちゃんのひとりごと