6歳2歳


by go-kayoko

<   2006年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

劇の効果?

劇で人前で大きな声を出すことに慣れたのか、最近マンションで出会う人に
「こんにちは」と言えるようになってきている。
ただ、目があったときに言うのではないので、その人が通り過ぎてから言ってみたり、
私の方を向いて「こんにちは」って言ってみたり、
なかなかタイミングが難しい。
ゆうたは頑張って「こんにちは」って言っているけど、気付いてもらえないことが多い。
でも本人は言えたことに結構満足していて、「ゆうちゃん、こんにちはって言ったでしょ」と
一回一回私に確認してくる。
by go-kayoko | 2006-02-27 05:40 | ゆうたの成長

あおいちゃんちへ

今日は葵ちゃんのおうちにおじゃま。
葵ちゃんはゆうたと2週間違い。会うのは久しぶり。
今日は葵ちゃんのパパもいてくれて、子ども好きのパパが沢山遊んでくれた。
ゆうたは大喜び。
あおいちゃん、ゆうたとも、まだまだこだわりの強い3歳児。
ゆうたが遊びたいものと、葵ちゃんがこだわって貸せない物が重なってケンカすることも
あったけど、一緒に遊ぶことも多い。
親の方はケンカにならないように気をつかう。
ご飯のお皿を同じにしたり、座卓で食べるのにイスを置かないようにしたり(前回
イスの取り合いでケンカしたので)シールを同じ枚数配ったり。
3歳児を抱える親の頭の中では、どうやったら子ども同士がケンカしないか、
先読みする能力も育ってくる。

葵ちゃんの弟、晃くんは、もう、手押し車を押して歩いていた。
考えたらもうすぐ1歳。早いなあ。

パパにカブトムシの幼虫を見せてもらった。すごく大きい。
ゆうたがあとで「エビみたいだった」と言った。
そんなの、言うなよ。
でもサイズ的にはブラックタイガーの大きなものより、ちょっと大きいくらい。
カメラを忘れて残念。
家に帰ってゆうたと図鑑を見てみたら、今の幼虫は3齢幼虫といって、幼虫の中でも
最も大きいものみたい。黒い線が心臓で、よく見たら動いています・・・とか、
赤い点は息をする穴です・・・とか、3齢幼虫が大きくなってくるとお腹の所に
Yの切れ込みが入り、この切れ込みがあるのはオスですとか、書いてあった。
こう言ったことを知っていたら、もっとよく見られたのに。

パパは虫が好きだそうで、カブトムシの幼虫がさなぎになり、出てくるところは
本当にすごくて、感動すると言っていた。
また、見せてもらいたいな。
by go-kayoko | 2006-02-26 05:32 | おでかけ

劇本番

今日はお別れ会。
ゆうたは最終の予行演習で上手に出来たらしく、先生にも沢山褒めてもらって自信がついた様子。
朝から「今日はかあちゃん、見に来るの?見に来るの?」と大騒ぎ。

ようやく、ももぐみの登場。
どの子も首をグルグル回して、お母さんの姿を探している。私は前の方にいたので
私を見つけるなり、この顔。うれしそう。
d0016392_5232163.jpg


自分の席についても私の方ばかり見て、おじいさんの湯飲みを目に当ててみたり、
まさかりの竹をのぞいてみたり。
d0016392_5244253.jpg


おじいさん役は6人おり、二人ずつ、出てくる。ゆうたはトップバッター。
おじいさんが山で木を切るところ。
歌いながらまさかりを振り回し、おじいさんには見えない元気っぷり。
d0016392_5245385.jpg


おにぎりを落としてしまったところ。
とってもわざとらしい、おどろきっぷり。思わず見ている人が笑ってしまうほど。
d0016392_525455.jpg


穴の中から楽しそうな歌が聞こえてきました。
どうも、首を傾ける方向が逆だと思うんですが・・・
d0016392_5251531.jpg


元気よく歌っています。歌は舞台にいる二人と、すそにいるももぐみ全員で歌います。
d0016392_5252562.jpg


引っ込み思案で、先生にあいさつも小さい声でしかできないゆうたが、よく頑張りました。
かあちゃんは涙が出そうでした。(親ばか)
また、ゆうたがのびのび出来るように、いろいろと工夫してくださった保育園の
先生にも感謝します。
by go-kayoko | 2006-02-25 05:23 | ゆうたの成長
今週に入ってから、お別れ会の劇の練習が熱を帯びてきている。
毎日毎日練習。
今週は2回も予行演習がある。
小さい子どものことだから、観客がいると出来なくなるのだろう、
先週の連絡帳には「今日は劇をアンパンマンに見てもらいました」(ぬいぐるみ)とか
「今日は幸子先生に見てもらいました」とか(人間にステップアップ)
「今日はちょうちょぐみに見てもらいました」(お、複数名になった)とか書いてあり、
とうとう予行演習。
みんなの前でやったらしい。
ゆうたはおむすびころりんのおじいさん役だけど、照れもあって途中でものすごく
マイペースなおじいさんになり、劇が止まってしまったらしい。
そこで先生が小道具をわざわざ作り替えてくれて、2回目の予行はうまくいったみたい。

ほんと、マイペースな息子でご迷惑をおかけします・・。
by go-kayoko | 2006-02-23 05:16 | かあちゃんのひとりごと

カタツムリの好物。

寒くなってからめっきり我が家にいるカタツムリの活動性が落ちたと思っていたら
春になってきたからか、最近ゴソゴソ動いている。
12月頃は霧吹きでしめらせてやっても、新しい葉を入れてやっても
見向きもせずに殻に閉じこもってしまっていたけど、
最近はよく食べる。
春なんだな。
どうして暖房の効いた家の中にいるのに、わかるんだろう。

小松菜、白菜、サラダ菜、チンゲンサイをよく食べる。
殻を丈夫にするために卵の殻を入れてやるといいらしいので入れている。
ただ、これは食べているかどうか、よくわからない。
本当は土を入れてやった方がいいみたいだけど、虫がわきそうなのでうちは入れていない。
by go-kayoko | 2006-02-21 21:39 | 自然観察

頑固者

ゆうたは頑固だ。
一度信じたことは、私が訂正しても否定する。
数字を数えるとき、必ず、6.7.8.9.11と10を飛ばす。
私が「ゆうちゃん、6,7,8,9,10,11だよ」と言っても、
「違うよ、9,11だよ」といって聞く耳を持たない。

マンションに咲いているサザンカが今、満開だけど、
私はてっきり椿だと思いこんでいて、ゆうたにずっと「椿の花が咲いてるわ」とか、
「椿の実がなってるわ」とか、言っていた。
でも、実はその花、サザンカだった。
図鑑によると、花が落ちるとき、花びらだけがヒラヒラと落ちるのがサザンカ。
花ごと落ちるのが椿らしい。
うちのは、どうやらサザンカだ。
ゆうたにこのことを説明しても、私が間違っていたと言っても、
「違うの、これは椿なの、サザンカじゃないの」といって聞かない。
私がしつこく「サザンカなの」と言おう物なら、向きになって怒り、とうとう泣いてしまう。

そんなに頑固にならんでも。
正しいことを覚えようよ。
by go-kayoko | 2006-02-20 21:31 | かあちゃんのひとりごと

新幹線

新神戸までジイジのお見送りに行った。
新神戸駅の東側は、上の陸橋から真下に駅が見える。
新幹線が大好きなゆうたにはたまらないスポット。

700系のぞみを食い入るように見つめるゆうた。
d0016392_2348126.jpg


ゆうちゃんが持ってるのと同じだった〜
などなど、興奮してしゃべろうとしているところ。
d0016392_23482495.jpg

by go-kayoko | 2006-02-19 23:46 | おでかけ

最愛のじいじ

ゆうたはジイジが好きだ。
ジイジは普段は遠くにいるけど、時々こちらに帰ってくる。
しょっちゅう会うわけではないのに、ジイジが好きらしい。

なぜだろう?

ジイジの特徴。

ゆうたの話しを面白そうにきく。長い時間きく。
ふざけて変なことを言っても、怒りもせず 面白がって聞いている。
怒ったり、クドクド言ったりすることが全くない。

ゆうたと出かけるのが好き。
犬の散歩にもゆうたを連れて行きたがるし、ゆうたとのお出かけが楽しいらしい。
出かけたときはジイジ本人も楽しそうだ。子どもに付き合ってやってるという感じがない。

ゆうたと体を使って遊ぶ。初めは興奮して、ギャーギャー騒いでいるゆうただけど、
時々度を超して、ゆうたが泣かされる。

おもちゃは絶対にくれない。

なるほど。物より思い出・・・か?
by go-kayoko | 2006-02-18 23:32 | かあちゃんのひとりごと

洗濯機

新しい洗濯機が届いた。
念願のドラム式。
うちは石けんで洗濯するので、お風呂の残り湯を使いたいのだけど、
そうするとゆうたを寝かしつけている間に洗濯、私は一緒に寝てしまっても、
そのあとで起きてきて洗濯干し。
するとそこから寝付けない。朝方まで眠れない。

新しい洗濯機はうれしい。寝てしまっても朝になったら乾いている。夢のようだ。
私が喜んでいるのがわかるからか、寝る前に、ゆうたが私にひと言。
「新しい洗濯機、わ〜い、わ〜い。って言って、二人で一緒に寝よっか。」

は〜い、そうしましょう!
by go-kayoko | 2006-02-17 23:26 | ゆうたの一言

子どもの食事について

ゆうたがあまり食べ残しをしないように、最近お皿の上に少しずつ載せるようにしている。
ご飯も少し。
おかわりは他のものもしっかり食べてから、欲しいものをおかわり。
これは保育園の方法。
どうしても沢山食べさせたいと思って、いろいろ載せがちだけど、
かえって残すことを教えているようなものだし、やめた。
また、好きなものは真っ先に食べてしまうので、ついつい「これもあげる」と言って
自分の分を分けたりしがちだけど、他のものを残すのでやめた。

苦手なものは、どうしてもイヤだったら出してもいいからと言って
一口だけ食べさせるようにしている。
この方法で食べられるようになったのは、金平ゴボウ、ほうれん草。
相変わらず苦手なのはニンジン、きゅうり。
保育園では食べているようだから、大きくなったら食べられるだろうと思って、
無理強いはしないことにしている。
by go-kayoko | 2006-02-15 23:19 | かあちゃんのひとりごと