6歳2歳


by go-kayoko

<   2005年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

反撃?

なかなか動かないゆうたを毎日「コチョコチョ攻撃」で、動かしていたら、
今日、思わぬところで反撃にあった。

「かあちゃん、そんなこと言ったらね〜どうなるか知ってる〜?
コチョコチョ攻撃〜」と、私を必死にこそばしている。

ホホホ、無駄に30代にはなっておりません!年齢と共に鈍さを手に入れた私、
全く動じず、「かあちゃんをこそばすなんて、30年早いのよ〜」と
逆にこそばしかえされて、「うわ〜」と絶叫するゆうたでした。
by go-kayoko | 2005-09-30 23:40 | ゆうたの一言

金曜日

金曜日は私は夕飯後にゆうたと遊ぶ事が多い。
夕飯のかたづけなんて、放っておいて、思いっきり体を使って遊ぶ。
次の日が保育園がないので、あせってゆうたをおこす必要もないので
私も気がゆっくりしている。
本当は決まった時間に寝かせた方がいいんだろうけど、
親と遊ぶ時間も大切かなと思って、金曜日はあまり「早く寝なさい」と言わないようにしている。

今日はゆうたと引っ張りごっこ、布団でかくれんぼ、お化け退治ごっこ。
お化け退治ごっこは、保育園の運動会でお化け退治の競技があるらしく、
ゆうたも毎日のようにお化けになった先生を退治しているらしい。
ゆうたの話しによると、跳び箱の上でシュワッチと変身して、
二人組で退治したり、一人で退治したりするとか。
変身も難しい変身と、簡単な変身があるとか。
説明がよくわからないところもあるんだけど、保育園の先生に聞いてみると
ゆうたが家で話してくれることは、かなり正確なので、本当にそうなんだと思う。
今日は私に体当たり、押し合いへし合い、私が「あれ〜」なんて負けるもんなら大喜び。

引っ張りごっこは両方でタオルを握って引っ張り合うだけなんだけど、
ゆうたは必死で引っ張っている。時々私が力を抜くと、
弾みで後ろへひっくり返って、大笑い。

金曜の夜は寝室で大騒ぎ。やっとお風呂に入って、寝たら10時半。
目のしたにクマをつくったゆうたは、あっという間に寝てしまった。
by go-kayoko | 2005-09-30 23:39 | 遊び

翌日は・・・

まず、栗園に丹波栗を買いに行き、いが付きの栗を見せてもらう。
ゆうたは栗拾いがしたかったみたいだけど、。農園の方の話しでは、
栗拾いは危ないことも多いらしい。
上からイガ付きの栗がおちてきたら、イガが刺さってけがをしたり、
目にあたったりしたら、大変とのこと。
サンダルなどで、栗の木の下に入るのも、足にイガが刺さるから、危ないと言われた。
そうなのか〜。知らなかった。
結局。大きな栗を買って、イガ付きの栗を一つづつ、頂いた。

その後は北播磨余暇村公園

お昼ご飯を食べたり、冒険広場のアスレチックで遊んだり。
ゆうたは前日、途中で起きて、親たちと一緒に2時頃まで起きていたので、
かなり眠いはずだけど、遊んでいる。
前は眠くなったら、すぐに友達とバトルになったり、わ〜わ〜泣いたりで
大変だったけど、気がつくとここ半年ほどの間に、あまりそういう泣き方をしなくなった。
成長したんだなあ〜。

けいちゃんは歩けるようになって、お兄ちゃん達の後をついて回るのが大好き。
ゆうたもけいちゃんと遊んだり、ベビーサインを教えたりしている姿を見かけた。

d0016392_23111360.jpg

                      けいちゃん、あそぼか。
d0016392_23101358.jpg

                             いくよ〜
d0016392_2311362.jpg

                            ばあっ
d0016392_23114790.jpg

               けいちゃん「もっとやって〜」
               ゆうた「いいや、お父さんは疲れてるから昼寝するんだ」(と言っていそうです)

d0016392_23115896.jpg

                   ゆうきくん、なんかいいもの持ってるね。
 
d0016392_23121085.jpg

                   ゆうきくん「しょうがないな〜あげよか?」
                   ゆうきくん、沢山ゆうたにお菓子をくれてありがとう。やさしいね。
d0016392_23111112.jpg

                  すごい規模のアスレチック!
d0016392_23123562.jpg

                   アスレチック、大好き。
                   ちょっとこわいけどね。
d0016392_23124668.jpg

                         こんなところも通れる。
           いつも「かあちゃんも来てよ」と言われるのだが、体が大きいので、つらいです。

d0016392_2313158.jpg

                       すっごく長いローラー滑り台。
                ゆうた以外のお友達は滑ってましたが、ゆうたは怖くて滑れず。
              かあちゃんは滑りたかったのに、残念です。
by go-kayoko | 2005-09-29 23:21 | おでかけ

丹波へ

d0016392_2343212.jpg
今日はようちゃんのところへ遊びに行く日。
ようちゃんの弟、けいちゃんと、他にゆうたと同い年のゆうきくん、ふみちゃん、
ゆうきくんの弟、おうちゃんも一緒。
私は仕事を早めに終えて、夕方から参加。
今日は、お泊まり。

この前の夏祭りと同じ宿に泊まったけど、やっぱり親切。
大きな和室を二間、続けてもらって、修学旅行みたい。
子供同士は親たちが夕食を食べている間、まわりをグルグルランニング。
ずう〜っと走ってる。
せっかくお風呂に入ったけど、汗だくだく。
でもそのおかげか、9時頃には全員就寝。

親たちはそこからおしゃべり。
どのママもなんとなく子育てに対する考え方が似ているので、話していても
ホッとする。いろいろな話が出来て、良かった。

写真は翌朝、宿を出る前に並んで撮った写真。
1歳のけいちゃん、7ヶ月のおうちゃんも一緒にとりたかったけど、
動きの激しい子供達・・・・で、断念しました。
by go-kayoko | 2005-09-28 22:58 | おでかけ
ぼくは 歩いたまっすぐ まっすぐ
これもブッククラブで届いた本。
おばあちゃんからの一本の電話。前の道をまっすぐ、まっすぐ歩いて、
一人でおいでと言われた、男の子。
途中で他のものに気をとられて、まっすぐのつもりが、道のないところをまっすぐ。
果たして、おばあちゃんのところに行けるのでしょうか。

大人にとって、「まっすぐおいで」と言われたら、道以外のところをまっすぐ行くなんて
考えられないけど、子供の発想って、面白い。
確かに、ゆうたも今の状態なら、同じように道を外れて、まっすぐ行きそう。

「おやすみなさい おつきさま」で有名な作家、マーガレット・ワイズ・ブラウンの文に
「はじめてのおつかい」、「こんとあき」、「とん、ことり」などで有名な林明子さんの優しい絵が付いてます。
子供の頃から、この人のイラスト、好きでした。
by go-kayoko | 2005-09-27 23:04 | 絵本の記録
d0016392_22521413.jpgだるまちゃんとてんぐちゃんはブッククラブで届いた本。
初めからゆうたは随分気に入って、毎晩寝る前に読まされた本。
いつもてんぐちゃんのものを欲しがる、だるまちゃん。
だるまちゃんがねだるがままに、いろいろなものを出す、だるまどん。
でもだるまどんは大きな勘違いをして・・・・。
面白いです。

加古里子さんは「はははのはなし」という、かがくのとも傑作集の作品を書いているけど、
昭和風のなんとも懐かしい画風に、飄々とした文章表現。
説教がましくはなく、でも、何かを考えさせられるような。
何かがおかしいと思うような。
そんな感じが面白い作家だなあと思います。

この絵本。オススメ。ちなみに1967年初刊で、現在第117刷。
「成人式を迎えた絵本が子供に本当に人気がある絵本」と、聞いたことがあるけど、
成人式どころか、私の年を越えてますね。
by go-kayoko | 2005-09-27 22:50 | 絵本の記録

まったく

危ないかなと思いながらも、車を運転しながらゆうたといろいろ話したいので
チャイルドシートを助手席につけている。
後ろに座っていると、ゆうたが何かを話してもよく聞こえないのだけど、
横にいるといろいろな話しをしてくれる。

今日、赤信号で、「かあちゃん、かあちゃん」と言うので何かと思ったら、
「おててつないで」とのこと。
つないでやったが、青信号になったら「危ない」と手を離してくれる。
止まると、また「おてて、おてて」と、手のつながされる。

まったく、結婚前のカップルか?




そうかと思えば、「かあちゃん、こっちみて〜。ハイチーズ」というので、
振り向いたら、水鉄砲の銃口がこちらを向いてました。
いやいや、これは、愛のピストル?


解釈に悩む、かあちゃんです。
by go-kayoko | 2005-09-27 22:40 | かあちゃんのひとりごと

青少年科学館リベンジ。

この前行った青少年科学館、時間が無くてほとんど見られなかったので
今日はリベンジ。
天気が良くて、気候がよいので、外に出ている家族が多いのか、今日はすいている。
ゆうたと私は風邪をひいているので、室内でちょうどいい。

かなり広い。展示が多い。
d0016392_16513679.jpg

この前は行けなかった3階に行ってみると、ゆうたが好きそうな鉄道模型。
ボタンを押すと電車が走る。これは好きだな〜。

d0016392_1652841.jpg

ポートライナーの運転シュミレーター。

d0016392_1654324.jpg

ロボットのゆうくん。
ジャンケンをしたり、ダンスをしたり、似顔絵を描いてくれる。
ゆうたは鉄道模型のところから動かなかったので、私を描いてもらった。


けど・・・










ドン
d0016392_16553978.jpg

私の顔をご存じの方・・・似てますか?
似ていないと信じたいのですが??

大人も結構楽しくて、垂直跳びの高さを測ったり、瞬発力をはかったり、
自転車をこいで馬力をはかったり・・・・。結構汗をかきました。

今日はかなり回って、子供向けのプラネタリウムも見たけど、やっぱり回りきれずに
時間切れ。
ゆうたが眠くなってきて、帰ることに。

ところが、帰りの車で一瞬寝ただけで、家に帰ってからは昼寝をしないゆうた。
「眠くない」とご機嫌に遊んでましたが、だんだんと機嫌が・・・。

とうとう、積み木がうまくできないといって泣き出した。来た来た〜泣き出したぞ〜。

d0016392_1658249.jpg

ゆ:「積み木が壊れんの!!」(怒って積み木を投げつける)
母:「そりゃ、壊れるやろねえ。積み木やもん」
ううう〜
d0016392_16583623.jpg

うわあ〜あ
d0016392_1659554.jpg

うわあああ〜〜〜ん
d0016392_170698.jpg



こんなになりました。
私はこの間になんと20枚も写真を撮っておりました(鬼母?)
慰めてもくれず、写真ばっかりとっている母にあほらしくなったのか、
一瞬泣きやみましたが、この後も「眠いの〜」と絶叫して3秒で就寝。

だから早く昼寝しろって言ったのに。
by go-kayoko | 2005-09-25 17:04 | おでかけ

きゅうり切り

私は料理が出来る男の人が好きだ。
どんなものでもいいから、作ってくれて、「どうぞ」とか、言ってくれるとすごくウレシイし、
「この前食べた〜がおいしかったから、またつくったる」とか言ってくれると
もんのすごくウレシイ。
何を作ろうか一緒に考えたり、一緒に買い物に行って、何を作るか迷ったりするのも
楽しいし、手分けして作ったら作る課程も、食べるときも、楽しさ、おいしさ倍増だと思う。
まあ、少々まずくても「うわ〜まずいなあ〜」と笑えるのもいい。

それなのに、うちのとうちゃんは「男子厨房にいらず」とか、「料理は俺がすることじゃない」とかいうので、すごく残念。
一生この楽しみやうれしさが私には無いのかと思うと、ちょっぴり(いや、かなり?)悲しい。

ゆうたには料理が楽しいものだと思えるようになって欲しい。
料理が出来たら、好きなときに自分が好きなものが作れるし、
好きな人に好きな料理を作ってあげることも出来る。
料理、後かたづけのこまごました大変さも理解できるから、
将来、家庭円満にもなるにちがいない。
女性がますます社会進出したら、男性も料理できないと、困るし、結婚もできないかも。
それに、料理は科学で、工夫したものが「味」という結果として出てくるから、
子供にとって、結構面白いものじゃないかと思う。

前々からゆうたに料理をさせてみたいと思っていたけど、なかなか勇気が無くて
のばしのばしになっていた。(子供用の包丁をずっと前から用意していたのに)
危なっかしくて、みていられなかったのだ。
そろそろ、任せてもいいかもしれないと思って、やってみた。

昨日はきゅうり。
きゅうりは転がると危ないので、縦半分に切って、切らせる。
出来るだけ滑らないように、木のまな板を使い、広い場所で足台を使う。
刃を触らないこと。指を包丁のしたに持ってこないこと(猫の手で)、
食べ物で遊ばないこと。を約束。
「出来るだけ、薄く切ってね」と頼んで、
私は離れ、見えるところで別の用事。
今までは心配でずっとそばについていたけど、今回は任せてみた。


d0016392_16422023.jpg


ものすごい真剣に切っている。まだ左手で上手に押さえられないようだけど、
ここはごちゃごちゃ言わずに、見守っていると、「出来た」という。
結構薄く切れていて、感激。
「ゆうちゃん、切れたよ」と得意そう。

今朝は卵焼き。
卵を割ってもらう。殻が入ってもいいように、一つ一つ、別のボウルに入れてもらう。
コツコツとぶつける力加減はOK。指を入れて割るのがちょっと難しい。
でも殻は入らずに3コとも割れた!。
「すごいねえ〜」と褒めると、得意げ。
次にボウルの中で混ぜてもらって、フライパンに流し込んでもらい、
菜箸で混ぜる。
卵が固まっていくのをみて、「わ〜おもしろ〜い」と言っている。
できあがると、早速とうちゃんのところ行って
「ゆうちゃん、卵やいてん。ざ〜ってフライパンに入れてんで」と得意げに報告。

無理強いはせずに、楽しいと思ってくれたらいいな。
by go-kayoko | 2005-09-25 16:47 | 台所育児

昆虫館2

今日は昆虫館へおでかけ。
休みの日はゆうたと私の二人で出かけることが多いんだけど、今日は珍しくとうちゃんも。
ゆうたがいつも「また、昆虫館に行きたい。オオゴキブリ、さわるねんで」と言っているので
行きたかったのかも知れない。

今日もオオゴキブリはいたが、夏休みの間に触られまくったからか、
または涼しくなったからか、心なしか元気がない。
ゆうたもあれだけ「ゴキブリ、ゴキブリ」と毎日のように言っている割には
触らない。なあんだ。

d0016392_21333236.jpg
今日は水生昆虫や、ザリガニ、カニの展示があった。
モクズガニに見入るゆうた。爪のところにふさふさと毛が生えている。
「足にも毛がはえとう」

d0016392_21334330.jpg
ドイツ製のおもちゃらしい。
昆虫の複眼では、世の中がこのように見えるみたい。

d0016392_21324951.jpg
ダンゴムシの迷路。
こういうのは子供でも作れそう。

d0016392_2134725.jpg
人面カメムシゆうた。

昆虫館は駐車場から入り口まで500メートルほどあり、木陰道を歩いていく。
その間にドングリや、松葉などが落ちていて、
ドングリ拾い、松葉相撲なども楽しめる。
この前行ったときはアブラゼミやクマゼミが鳴いていたけど、
今日はツクツクボウシが鳴いていた。秋になったんだなあと実感。
昆虫館がある昆陽池は野鳥の宝庫でもあるらしいし、
広場もあるので、お弁当を持って行くと良さそう。
by go-kayoko | 2005-09-23 21:35 | おでかけ