6歳2歳


by go-kayoko

<   2005年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

バスグラフィティ

バスグラフィティという、お風呂で絵が描ける、石けんのクレヨンを買ってみた。

これ、かなり面白いです。

子どもの頃、曇った鏡に落書きをした記憶は誰でもあるかと思うけれども、
これは実際に壁や体に絵が描ける。
石けんなので描いた後は流してしまえばすっかりきれい。

ゆうたはかなり気に入って、浴槽につかったままタイルの目地を端から端まで
塗ったり、縦に何本も線を引いて「これね、ようちゃんと見た花火」など言っている。
広いところにお絵かきできるのが、また楽しいみたい。
普通のクレヨンほど、濃い、はっきりした発色ではないけど、
お風呂で楽しむには十分。
お風呂タイムも今まで嫌がっていたけど
「お絵かきしようよ〜」と誘うと、「するする〜」とさっさと入ってくれる。

今日は絵を消そうとすると嫌がり、「明日、また続きを描くからこのままにしておく」と言う。
今売っているのはロディの柄だけど、
キャラクターは無くていいから、もっと安くて、大きいクレヨンが欲しい!
3歳以上の子どもさんがいる人には、オススメ。

ただ、石けんなので、水につけっぱなしにしたり、お風呂場に置きっぱなしにしておくと、
溶けてしまうみたい。
by go-kayoko | 2005-08-31 23:29 | 買って良かった悪かった

帰宅

今日は10時半頃の飛行機で神戸に帰るので、あさ7時から朝食。
初めてゆっくり朝食を食べました。

d0016392_23101610.jpg帰りの飛行機では、せっかく窓側になったのに、後半はゆうたはグッスリ。
着陸のときも外の景色が見えて、関空が見えてきて、面白かったのに
ゆうたは睡眠中。
ゆうたの上を乗り越えるようにして、窓の外を必死で見ていたのは、私でした。

家に帰ってきたらさすがに疲れたらしく、こんこんと昼寝をし続け、
夜8時頃にフルパワー充電になって
起きてきて、「旅行、楽しかったね〜明日も行ける?」と言う。
「毎日旅行してたら、お金がなくなっちゃう。それに、旅行が面白くなくなるよ〜
たまに行くから楽しいんだから」と言っても、気に入らないらしい。

その後も「明日、旅行に行ける?」というので、「行けないよ」と言うと
「お金がなくなっちゃうから??」と言う。
子どもの前で余計は一言は気をつけましょう。

こうして超多忙な旅行は終了しました。

今度はリゾートに滞在型の旅行がいいな・・・。
by go-kayoko | 2005-08-29 23:04 | おでかけ

北海道3日目

北海道3日目。
昨日の朝は6時過ぎに目が覚めたので、私一人で大通公園や、
時計台など観光しながら散歩したけど、今日は起きられず・・。

今日もとうちゃんは仕事。ほんとにかわいそう。
子どもと遊んで、こんなに楽しいのに。
家事が無かったらいかに子どもと長い時間遊べるか、旅行中によく分かった。
家事をしながら、子どもの要求に応えると言うことがないので、ストレスも少ない。

d0016392_2223159.jpg札幌市内は路面電車(市電)が走っている。ゆうたは珍しがって「バスみたい。線路はあるのに〜」と。
d0016392_22241880.jpg「ロープウェー前」で下車して、藻岩山ロープウェーへ。札幌観光バスのコースに組まれているほど有名みたいだけど、朝一番だったからか人はまばら。山頂展望台からは360度の大パノラマ。札幌も一望できるし、海まで見える。夜景がきれいらしい。
d0016392_2227540.jpg「ゆうちゃん、よく見える?」と聞くと「よく見えるよ〜」との返事。どう見ても空を見てるんですが・・。
d0016392_22263146.jpgお昼前からは円山動物園へ。ビーバーやキツツキ、プレーリードッグもみました。
d0016392_22265038.jpg動物そっちのけでなにやら楽しそうです。
d0016392_22283532.jpgじゃーん、ミニSL弁慶号です。動きません。「SLと一緒に写真を撮ってあげるわ」というと、このポーズ。コメディアンになりたいのか?
d0016392_2228689.jpgここの名物はサル山。なぜ名物なのか、見てみて分かる気がする。なぜなら「人間の生活を見ているよう」だから!お乳を飲む赤ちゃんあり、そのお母さんの毛繕いをするサルあり(父かどうかは不明だけど)、腕白そうに遊具をよじ登るサルあり(ゆうたのようやな・・・)歯をむいてキーキーケンカをしているサルあり。ちょっとのぞき見しているような罪悪感にかられてしまった。
d0016392_22281841.jpgサル山の後は遊園地に移動。いつも「動物園には動物を見に行くから、乗り物は一つだけね」と約束するんだけど、旅行先はすっかりそんなこと忘れて、私も一緒に「何にのる〜?」とウキウキ。これはサイクルモノレールのようなレールに船がぶら下がっている乗り物。ちょっと怖そうにしてますが、本人は「気持ちいい」らしい。
d0016392_22283444.jpgメリーゴーランド。手綱を引いても止まりませんから。
d0016392_22295560.jpgこちらは余裕のダンボ。このあと、回転しながら上下に動く、ちょっと激しい乗り物にも(将来絶叫マシーンに乗せる訓練をするべく)乗せてみたけど、ゆうたは最初ちょっと「怖い」と言っただけで、後は全く平気。私はちょっと酔いました。おえ。
d0016392_2230227.jpg帰ってきて昼寝して、起きたらもう夕方。またお寿司屋で海鮮。ゆうたはあれだけ「うには〜うには〜?」と言っていたのに、ウニよりいくらがいいらしく、イクラばっかり食べました。
d0016392_22304734.jpg帰りに「札幌テレビ塔」に登って夜景をみて、喫茶店でコーヒーを飲んで3日目は終わりました。今日も楽しかったけど、忙しかったな・・・。

by go-kayoko | 2005-08-28 22:23 | おでかけ

北海道2日目。

今日はとうちゃんは仕事、私はゆうたとお出かけ。
どこへ行こうか、ず〜っと迷っていたけど、(北海道には魅力的な子どもの遊び場が
札幌郊外に沢山ある)結局、滝野すずらん丘陵公園へ。
北海道に来たからには、広大な景色を見せてあげたいので。

札幌中心地から20キロほどあるので(ここも札幌市内だが、さすが北海道)
タクシーで行こうか、迷ったけど、レンタカーで行くことに。

ここはとにかく広い。冬はスキー場になるらしいけど、とにかく広い。
すごく広い中の6分の一くらいの部分しか、行けなかった。
行ったのは、「カントリーガーデン」を抜けていく、「子どもの谷」と、「森のすみか」
この遊具が神戸の公園にあったら、大流行するだろうな〜という遊具が
いくつもある。とにかく広くて、子どもが楽しめる施設がいっぱい。
しかも丘陵地なので涼しいし、眺めもいい。

d0016392_1653476.jpgきれいなカントリーガーデン。ここを通り抜けると「子どもの谷」反対側にも広大な丘が広がってます。広すぎ、北海道。ゆうたに「ほっかいどうは、でっかいどう」と懐かしいフレーズを言ってみたら、えらい気に入って、「ここはでっかいどうでしょ〜」と何度も言ってました。
d0016392_1653318.jpg虹の巣ドーム。わかりにくいけど、ネットの穴から上へ登ったり、ぶらさっがったり。
d0016392_16535883.jpgフワフワエッグ。この上はトランポリンのようにはねる。すごく大きいです。ゆうたもピョンピョン。丸いので油断すると転げ落ちます。オレンジ色のエッグもありました。白身と黄身か?
d0016392_16541951.jpg
冬にはゲレンデになる丘陵地で大きなボール転がし。もちろん無料で貸してくれます。
ゆうたは転がるのを追いかけるのは楽しかったみたいだけど、自分で転がすのは思う方向に転がせないのでイライラしていました。
d0016392_16554161.jpg一体これは、どこでお茶を飲んでいるでしょう。
d0016392_16555648.jpgじゃーん、左側の鳥の巣みたいな物の中です。ハシゴや、ネット、登り棒などで登ります。子どもの頃、こんな木の家で寝てみたかったな〜。私も思わず登りたくなり、大きな体を押し込んで、中まで入りました。それをみて、他の子どもも「ねえ〜ママも登って〜」といい、そのママはちょっと困ってましたが・・。ゆうたは「鳥の巣と違うねん、じゃがいもやで」だって。右側のあり塚みたいなのは中が階段、上まで登ると展望台、降りるときは二つの滑り台を滑る。地下は迷路になっていてゆうたは迷路がお気に入り。私は通れないような小さい穴をくぐり抜けて、あっという間に見えなくなり、「ゆうた〜」と名前を呼んでも、「ここよ〜」という声しか聞こえず、そのうち探すのをあきらめたら、空が恋しくなったのか、出てきた・・・。

d0016392_1656818.jpgビオトープもあり。
d0016392_16553883.jpgもちろん水遊びも。肌寒かったけど、本人は平気。素っ裸はゆうただけだったけど・・・。ここで「かあちゃ〜ん、おしっこやで〜」と思いっきり関西弁で叫んでました。そばを通りかかる見知らぬおじさんや、おばさん、子どもにも「ほら〜ゆうちゃん、おしっこしてるねんで〜」と話しかけておりました。

d0016392_21422518.jpgこれは岩で出来た滑り台。かなりスピードが出るので、ゆうたは寝転がって何度も滑ってました。もっと長くて、幅がひろく、10人くらい一度に滑れる「溶岩滑り台」も子どもに人気。こちらもすごいスピードです。大人でも怖いくらい。

d0016392_2142733.jpgこれはスプリングが入っていてグニャグニャ曲がります。ゆうたは体当たりしたり、気がついたらよその子と一緒にまたがったりしていました。子どもはすぐに友達になるのね。


d0016392_2142277.jpg次に「森のすみか」というゾーンに移動。ゆうたは写真の遊具も一生懸命登り、反対側から出てきました。途中、動けなくなって、お兄ちゃん達に「じゃまだよ〜はやくいってよ〜」と言われ、半泣きでしたが、最後までよく頑張った。

d0016392_2142544.jpgゆうたは前世はサルだと思います。高いところを登るのが大好き。全然怖がりません。前は登っても降りられなかったけど、3歳になった今は、降りるのも上手。一人で降りてきました。

d0016392_21504818.jpgなぜか森の中に木琴。下に共鳴するように木箱が付いているので良く響きます。
d0016392_21511537.jpgものすごい大きいカタツムリに遭遇。
d0016392_21504645.jpgかなり揺れる吊り橋。ゆうたは気に入ってわたってました。


他にもいろいろあったけど、書ききれない。
ホームページを見てみたら、キャンプ場、サイクリングコース(補助席付きの自転車あり)など、沢山ある。ほんとに北海道はでっかいどう。
このあと、帰りの車でゆうたは撃沈し、ホテルに帰ってからも死んだように寝て、
夕方おこされてから、歩いて、海鮮を食べに行って、イクラ丼を完食してました。
そのあと、私が「母ちゃん、コーヒーを飲みに行くけど、一緒に行く?」と聞いたら
ゆうたは「行く行く〜」と付いてきました。それをみて父ちゃんが一言・・・
「ゆうたは母ちゃんの”しもべ”か?」
う〜ん確かに、成長して一緒にいろいろ遊べて、今の私の遊び相手としては申し分ない・・
これで一緒に飲めたら、言うこと無い。将来が楽しみです。

ゆうたは寝る前に「今日はいっぱい遊んだね〜」と一言。
私はキミの体力に脱帽しました。ほんとに三歳児?
by go-kayoko | 2005-08-28 16:45 | おでかけ

旅行

d0016392_19391699.jpg今日から家族で札幌に旅行。家族旅行と言うより、とうちゃんの仕事に付いていく。

ゆうたは初めての飛行機。
怖がるとだめだと思って、前、伊丹空港に連れて行っていた効果があり、
今日は全く怖がらず、搭乗口のところでも、今から乗る飛行機を熱心に見ている。

飛行機が飛ぶときも、結構大きな音がするのに、全然平気。
私が「飛行機に乗ったら、お菓子をくれるかも。おもちゃもくれるかも」と言っていたのを
良く覚えていて、「お菓子まだ〜」と言うほど、余裕。
飛行機の中でも、もらった飛行機のおもちゃで遊んだり、テレビを見たりしているあいだに
あっという間に到着。

私があっけにとられるほど、全く平気だった。
d0016392_19384747.jpg
宿泊したのは「札幌グランドホテル」
北海道に初めて出来た洋式ホテルらしく、創業70年。
お進物のスープの缶詰でも有名なところ。
年季が入っているので室内は真新しいわけではないし、
水道が混合栓では無かったりするけど、
ホテルマンのサービスの良さに定評があるらしい。
子ども向けに何かサービスをしてくれるわけではないけど、居心地は良かったし、
何より、中心地にあるので便利。

今日は着くのも遅かったので、ホテル内のビアレストランで食事。
ゆうたは「ほっかいどうにいったら、ウニが食べられるの?」とずっと言っていて、
レストランでも「うには〜うには〜??」と言っていた。
ちょっと恥ずかしかったです。
d0016392_19395159.jpg
by go-kayoko | 2005-08-26 19:30 | おでかけ

おまつり

今日はずっと前から楽しみにしていた、お祭りにようちゃんと行く日。d0016392_19282841.jpg
ようちゃんの家は遠いのでお泊まり。
ゆうたは前の日から楽しみにし、午前中だけ行った保育園でも
「今日は母ちゃんが早くお迎えに来るねん。ようちゃんちにいくねん!」と言っていたらしい。
ようちゃんに会うなり、大興奮。奇声を発して走りまくり。

ようちゃんのママが予約してくれた「やすら樹」という、丹波市市営の宿は
とても親切。市営だけど、宿の人が子どもにすごく気配りしてくれる。
夕食は懐石をいただいたけど、料理もすごくおいしい。(ようちゃんとゆうたは遊ぶのに
忙しくて、食べてなかったけど・・・)
近くのお祭り会場も、バスで送ってくれた。
子ども達は甚平、親はゆかたで。
ゆかたを着るのは10年以上ぶりだけど、ゆうたは私がちょっといつもと違う格好を
していると、うれしいらしい。機会があれば着たい。

愛宕まつりは、花火あり、盆踊りあり、屋台ありでいいお祭り。
人も少なくて、神戸みなと祭りみたいに、人混みで疲れると言うことがない。
すごく、快適。ようちゃんのパパも合流して、花火。
花火は昔ながらの大きな大輪の花火で、迫力がある。
神戸の町中の盆踊りは踊っているのはゆかたを着た、おばさんばかりで
子どもや若い人はあまり踊らないけど、ここの盆踊りは若い人が踊る。
同じ曲の繰り返しで、踊りも簡単。誰でも踊れる。
神戸はどこでも10曲くらい踊りの曲が変わるので、踊りを知らない人は踊れない。
ようちゃんと、ゆうたも参加。

d0016392_19293641.jpg宿に帰って、お風呂に入り、子ども達が寝たのは11時すぎ。
それから親たちは3時頃までおしゃべり。楽しかったなあ〜

朝食は子ども達の分は頼んでいなかったけど、ご飯や、おみそ汁、のりを出してくれた。
あまりのおいしさに、親もご飯をお代わり。
子どもがいたら、お菓子をくれたり、
駐車場にいるサワガニやトノサマガエルを捕まえてもらったり。
本当に良くしてもらって、楽しかった。

ゆうたは「またこんど、お祭りがあったら、ようちゃんと行きたい」と言っている。
仲良しのようちゃん一家が遠くに引っ越してしまって、寂しいけど、
しょっちゅう会えなくてもこんなふうに楽しい時間を過ごせて、とってもうれしかった。
by go-kayoko | 2005-08-24 19:13 | おでかけ

チュー

ゆうたは盆踊りも好きだが、チューも好きだ。
朝方、たいてい私の方が先に起きるけど、ごくたまにゆうたが先に起きていると
私にチューをするので、目が覚める。
お風呂でもいきなりチューする。
「ゆうちゃん、母さんが寝ているときにチューしてるの?」と聞くと
「してるよ」と言う。
どうやら、ほっぺたにするのがお気に入りらしい。
「そうなんだ〜」と私がおもしろがると、その日の夜からチュー攻め。
手やら、腕やら、足やら、5〜6かいゆうたのチューをうけて、私の一日は終わる。
by go-kayoko | 2005-08-24 13:34 | ゆうたの一言

盆踊り

ゆうたは盆踊りが好きらしい。
近所の地蔵盆が明日からあり、3日間盆踊りがあるので
今日はその練習をしていた。
といっても踊っているのは地元のおばさん5名ほど。
提灯も一応電気がついている。

何日か前から提灯がぶら下がり、櫓がくんであるのをみて、
ゆうたは「盆踊り、あるの??」と楽しみにしていた。

今日、その提灯に電気がついていると、「行く!」と言う。
近くに行くと、いきなり踊るのは恥ずかしいのか、私の膝の上に座って
じい〜っと見ている。
しばらくすると「かあちゃん。おててつないで一緒に踊ろうよ」という。
そして練習に飛び入り参加。といっても私は全く踊れないし。
ゆうたは見よう見まねで手をたたいたり。腕を伸ばしたり。
「明日は、太鼓も出る??」と聞いている(今日は櫓の上に太鼓がなかった)
子どもが踊っている姿はここらあたりではあまり見かけないので
いつまでこうやって「踊りたい」というか、楽しみ。
こういったことを恥ずかしがらずに、表現できるのはいいことだと私は思っているので
機会がある度に連れて行ってやりたいなあと思う。
by go-kayoko | 2005-08-21 23:03 | 遊び

カブトムシ

d0016392_1311783.jpg

しあわせの村で3週間ほど前につがいで300円で買ったカブトムシの夫婦。

元気です。
カブトムシは夜行性なので、夜になるとガサゴソ音がしています。
メスは昼間はたいてい土に潜っています。

卵を産ませたいけど、土がちょっと乾きすぎていることと、
アリや小さい虫がわいていることが悩み。
土や朽ち木を入れ替えないとダメかも。
by go-kayoko | 2005-08-19 01:28 | 自然観察

散髪

d0016392_1261117.jpg

今日は散髪しました。

いやいやって言っていたけど、「散髪している間、棒が付いたアメをあげる。
ミッキーのビデオも見ようね」
「散髪が終わって、シャワーから上がったら、お菓子あげるね」
と食べ物作戦。
「かっこいい〜アンパンマンのマントみたい!」とケープをつけて。

とうちゃん、かあちゃんの二人でカット。
とうちゃんは「横がめっちゃうまいこときれたわ〜」とご満悦。



できあがり。
d0016392_1262559.jpg

d0016392_12642100.jpg
どう、かっこいい!?
というか、しこふんじゃった?
by go-kayoko | 2005-08-18 01:23 | ゆうたの成長