6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ゆうたの成長( 119 )

ゆうた2年生

2年生になりました。

本や学習マンガ、図鑑が好きです。
自分でよく読めるようになりました。
いろいろなことに興味を持っています。
出来る、出来ないにかかわらず、「やってみたい」という
気持ちはあります。
一人で行動も出来ます。駅近くの学童まで一人で行くこともよくあります。
ピアノをやりたいと言って、習い始め、楽しんで練習しています。
興味を持ったことについては 意外とこつこつ練習することもわかりました。
コマ、縄跳びなど、あっという間に上達しました。
プールも休まず通って、進級しました。
春休みは、学童でのんびり本を読んだり、公園で秘密基地ごっこをしているそうです。
沢山遊んで欲しいです。

一方興味を持たないことについては、忘れたり、ぼうっとしたり、
無駄に時間を過ごしたりします。
先に用事をやってしまって、後でのんびり・・ということが出来ません。
時計を見ながら朝の行動をするなんて、全くもって無理です。
用事をさっさと済ませて、沢山遊んで欲しいんだけど・・。

というわけで、家にいる時間が短い我が家では、かなりイライラさせられます・・。
自分で「今日はこれをやる」と決めたことでも、学童でやらずに帰ってきたりします。
昨日は「自分で決めたことは、自分との約束だから、守るように」と
随分叱りました・・・。
それと、あまりによく気が散るので、机を買って、リビング横の和室に置きました。

d0016392_0405869.jpg

一応、家での勉強はここでやっています。

ゆうたが小学生になって思うことは、「保育園より勉強がある分、親は大変!」てことです。
というわけで、ともなはなんだか、気にかけてやれず、
自由気ままに育っております・・。
人形遊び、お絵かき、絵本ながめばっかり、一人でやってます。
親は楽だけど、いいのかなア。
by go-kayoko | 2010-04-02 00:51 | ゆうたの成長
ゆうたの最近のお気に入り。

マイケルジャクソンのCDとDVD
耳にたこができるほどこのCDばかり聞いているので、
初めは??という感じだったけど、最近はかなり上達。
今やともなと一緒に「ジャス ビニーッ!ビニーッ!」と
「Beat it]もそれっぽく歌ってます・・。

ピアノ
ともなに音感をつけようと近所のピアノ教室に行き始めたら
意外にもゆうたがはまってしまった。
少しずつ難しいのが弾けることが面白いらしく、
毎日まじめに練習しています。
ただ、はじめるのが遅かったからか、絶対音感は全くなし。
こんなにはまるなら、もう少し早めにさせてやったら良かったかな。
口では「ドミレミ・・」と言いながら、音は「ドレドレ・・」だったりする。
私には気持ち悪くて仕方ないんです。今からでも間に合うかしら・・・。

縄跳び
学校でやっているようで、毎日「80回とべた」「二重跳びできた」
「クロス跳びできた」と言っています。
熱心に練習しているようで、家用の縄跳びも買いました。
昨日は「続けて100回とんだで!!」と言っていたと思ったら、
今朝は、全身筋肉痛で苦しんでました。あらら。

「そーなんだ 歴史編」
お父さんが毎回熱心に買って帰ってくれます。
今まで歴史には全く興味が無かったけど、最近興味が出てきたようです。
先日は姫路城に登ってきました。もうすぐ修理で見えなくなってしまうしね。
5年は長いから、行っておきました。
「そーなんだ」の内容はまだ難しいと思うんだけど、
マンガなので眺めているようです。

苦手なのは文を書くこと。
いえ、文章そのものはちゃんと考えられるのだが、自分が思っている文と、
書き上がった文があまりにかけ離れているので、ビックリ。
「は」と「わ」の間違いや、「し」と「も」の間違いなど。
間違いすぎて読んでも意味がわからないこともある。
焦って書いているのか、何なのか・・・。
直るんでしょうか。字も汚い。
本は読めるのに、どうして??

計算
これは本人が「苦手」と思っているようです。
学校で今年の目標に「計算をがんばる」と書いていました。
まあ、学年相応にはついてこれているので、今は見守りかな。
算数も計算だけではないので 
面白いと思ってくれたら、それでいいんだけど。

高校生くらいなったときにちゃんと出来ていたらそれでいいので、
まあ、今は焦らず・・と長い目で見ています。
もうすこし、丁寧さが欲しいところではあるけど。
本を読み、好奇心を持ち、得意なことがもてたら
今は十分だろうと思っているんですが、このご時世、甘いのかなあ・・。
by go-kayoko | 2010-03-07 01:41 | ゆうたの成長

初マラソン。

私の持久力のなさを知っている人には信じられない話だと思うけれど、
ゆうたと3キロのマラソンに初めて出てきました。

ゆうたは、私と時々ジョギングしてもすぐに歩いたり、
私が先に行くと泣いたりすることさえある。
はっきり言って私と一緒に走って、歩かなかったことはないし、
必ずグズグズ言うし、短い距離しか走ったことがない。

今回のマラソンはコースも平坦で、
順位決めがないのでプレッシャーもないと言うことで、参加を決定。
今日は初めてのマラソン参加なので、楽しんで走れたらいいし、
とにかくゴールさえできたらいいと思っていた。

ゆうたは走る前から「3キロも走れるかな。。。」とかなり不安そう。
しんどかったら歩いてもいいから、ゴールしようと言って、走り出したら、
周りの走る人たちの勢いに押されたのか、予想以上のペースで走っている。
あのペースでは絶対に歩くな・・と思っていたら、意外にも最後まで
私より速いペースで走りきってしまった。
同級生のお友達が先に走っていたのも、刺激になったようだ。
一瞬「しんどい、まだ?」と言って、歩きかけたが、私が「いいの?歩いて」と言ったら
「あかん!」といって走りきった。

ゆうたは「僕、3キロ走れた!」「やったら出来た」と何回も言っていた。
私は学校のマラソン大会はビリから一桁に入るほどの、大のマラソン嫌いだったけど、
世の中にはこんなに沢山、走るのが好きな人がいて、楽しんで走るんだ〜と
新たな発見があり、面白くもあった。

私自身、子供の頃からインドア派で、体を動かすことはあまりしなかった。
何でも遅くて、鈍くさく、給食を食べるのも遅かった。
運動は特に出来なかったし、出来ないと思っていた。
もちろん、体育の成績はいつも悪かった。
スキーも小学校以来大嫌いだった。
でも、今はスキーも大好きだし、学生時代にはバスケットもへたくそながら
やったし、今回はこうやって大嫌いだったマラソンも自分から出られた。
子育て、仕事をしながらご飯を早く食べることも出来るようになった。
子供の時に出来なかったことは、本当に出来なかったのか、
私が出来ないと思っていたから、出来なかったのか、今となってはわからない。
ただ、「何でも出来るのよ」と言われて育ててもらったことが
結果的には良かったんだと思う。

最近つくづく思うこと。
何でも出来ると思ってやってみること。
やってみたら、次には楽しみを見つけること。
そして、ほんとに好きなことは続けてみること。
人生色々、楽しく、濃く、おおらかに。
人生濃いと、細々した日々の悩みは「ま、いっか」となってしまう。

ゆうたがいろいろなことに対して、
「そんなの、出来へん〜」と言うのが、とても気になっていた。
人生、随分損してしまう気がして・・・。
今回のマラソンで、何か気が付いてくれたらいいと思う。


まあ、ここだけの話、やっぱりマラソンはしんどかったんだけど・・
笑顔で猛スピードで走っている人たちと、私は人種が違うとさえ思うけど・・。
ゆうたと走るのは楽しかったので、また頑張るよ。
by go-kayoko | 2010-02-14 22:05 | ゆうたの成長

学童懇談

学童の懇談が先日ありました。

ゆうたのいつもの生活。

帰ってきて宿題を済ませることになっているけれども、
途中で忘れてしまって、遊びの輪に入っていることがあるらしい。
「ゆうたくん、宿題は?」と言われて
「あっまだやった・・・」とすごすご宿題ルームに戻っているようだ。

その姿、想像できるわ−。と思わず笑ってしまう。
いつもお迎えに行くと「宿題終わった!」と断言するのだが、
家に帰って寝る前に連絡帳をみては、「あ〜○○がまだ出来てへんかった!!」と
いうことがしょっちゅう。
お兄さん、もう、夜の9時なんですけど・・。という感じだ。

他には、いろいろな物を工夫して作るのが得意。
温和であまり人ともめたり、トラブルになったりしない。
などと、言われました。
温和なのはいいけど、嫌なときに我慢してしまっていることも
あるような気がして、聞いてみたら、先生もそのことを気にしてくださっていた。
子供の人数が多くて、のんびりした学童とは言えないけれど、
よく気はかけてくれていると思うので、安心して仕事が出来る。
感謝しています。
by go-kayoko | 2010-01-31 00:41 | ゆうたの成長

長野キャンプ

報告が遅くなりましたが、8月の上旬にゆうたは一人で長野キャンプに行きました。
4泊5日の旅でしたが、この夏休み中の一番楽しかったことだそうです。
初日は知らない子供ばかりに囲まれて、不安そうな表情で出かけましたが、
本当に楽しく、「楽しすぎて、お母ちゃんのことを忘れとった」と言うほど。
2年生までの参加だったので、中には夜に泣く子供もいたようですが、
「こんなに楽しいのに、なんで??って思ったわ〜」と言うほど、
ゆうたは全く平気だった様子。
雨ばかりで川遊びやデイキャンプが出来なかったそうですが、
ナイフで竹箸を作ったり、野菜の収穫をしたり、登山をしたりしたとのこと。
友達も作って、帰ってきました。
9月に報告会をかねて、写真を見に行くので、どんな表情で写っているのか
楽しみです。

冬のキャンプも行きたいというので、どうしようかな〜と思っています。
by go-kayoko | 2009-08-30 05:05 | ゆうたの成長

初めての・・・

ゆうたは 8月の前半に全く知らない子供たちばかりと4泊のキャンプに行くのですが、
その練習として、同じような知らない子供たちと参加する、1泊の海キャンプに行きました。
行き先は岡山の「まほろば島」。
お天気が心配でしたが、海水浴、カヌー、つちぶえ作り、登山、海ほたる見学など
楽しんで元気に帰ってきました。
知らない子供たちとのお泊まりは初めてでしたが、全く問題なかったようです。
海水浴でコウイカの甲がいくつか落ちていたらしく、
一番きれいなものを拾って、私のお土産に。
ともなには、小さいサイズのつちぶえを作って持って帰ってきてくれました。
(すぐ、割れちゃったけど・・・)

一方私は、岡山方面の天気が気になって、仕事中も天気予報ばっかり見てました。
「今頃夕飯たべてるかな」とか
「もう寝たかな」とか、
そんなことばっかり気になりました。

ともなは「にいには?兄ちゃんが好きなのに!!」と少々機嫌が悪く、
やりにくかったです。

友達がいないところにも怖じけずに 参加できるのは良いことだと思います。
新しい環境に入ると 人見知りをする私にはうらやましい限り〜。
by go-kayoko | 2009-08-01 04:47 | ゆうたの成長

7さい

報告が遅れましたが ゆうた、7歳になりました。
小学校にも慣れ、毎日元気に過ごしています。

この1年で本が読めるようになったり、
自分でお風呂に入れるようになったり、
字が書けるようになったり、
また成長しました。
学童にも入り、一人で行動することも増え、活動範囲も広がりました。

学童から指導員の先生たちからのメッセージや、お友達からの
メッセージなどをもらいました。
指導員の先生からは
「マイペース」
「いつもにこにこ、楽しそうにしている」
「工作が大好き」など書いてもらっていました。
小学校に上がって近所のお友達がふえ、初めて誕生日にお手紙ももらいました。

そういえば小学校からもらってきた「あゆみ」にも
楽しく活動に参加できるというところに 評価をもらっていました。
何事にも積極的に楽しんで参加できることはとても良いことなので、
このまま、毎日楽しく過ごしてほしいです。
d0016392_4565864.jpg

もちろん、こちらも「フーフーする!!」と言って、ききません。
d0016392_4591084.jpg

by go-kayoko | 2009-08-01 04:23 | ゆうたの成長

卒園時キャンプ

ゆうたの卒園時キャンプがありました。
卒園した保育園に夕方から行き、保育園で一泊するというもの。

5時に行って、翌朝10時にお迎えだったけど、その間に
大好きな保育園のカレーを食べ、キャンプファイアーをして、一人一人出し物をし、
先生の出し物もあり、花火もさせてもらってシャワーをし、就寝。
翌朝は朝から体操して、しっかり朝ご飯も食べさせてもらって、プール、
ドッジボール大会、玉入れ、スイカ割り・・・
なんて盛りだくさんなんでしょう。
先生も沢山参加されて、本当に楽しかったようです。
もう卒園した子供たちにも、これだけのことを準備していただいて、感謝感謝です。

ちなみにゆうたは、一番仲の良かった男の子と、コントをしたらしいです。
ウケたかどうかは、不明ですが・・・・。
by go-kayoko | 2009-07-24 04:34 | ゆうたの成長

お兄ちゃん

先日、外食をしたとき、ゆうたはお子様定食のようなものを頼み、
ともなには定食が多かったのでミニうどんを注文したら、
ゆうたのものにだけヤクルトがついていました。
それをみつけたみつけたともなは「ヤクルト〜ヤクルト〜!」
「ヤクルトちょうだい〜!」と絶叫。
ゆうたはしばらくヤクルトを見て、じい〜っと考えた後、
「はい、あげるわ」とともなに渡していました!!

いままでのゆうたなら絶対にともなにヤクルトを譲らないところだけれど、
「お兄ちゃんになったなあ〜!」とほめまくり。
ゆうたはその日は一日中、「今日、僕えらかった?」と満足そうでした。

そして今日はこの前のケーキが一人分くらい残っていたので、
「ゆうちゃんとともちゃんで半分こして食べたら?」と言ったら、
「そんな〜かあちゃんのが無いやん。母ちゃんが食べーよ」と言いました。
私は「かあさんはいらないから、二人で食べたらいいよ」と何度も言ったけど、
「だって、この前、かあちゃんのお誕生日の時はケーキが無かったし、
この前、みんなで食べたとき、僕、大きいのを食べたからいいねん。
母ちゃんが食べてよ」
今までのゆうたからは信じられない発言・・。

本当にお兄ちゃんになってきたようで、ちょっとうれしかったのでした。
by go-kayoko | 2009-04-10 21:49 | ゆうたの成長

この母にこの子あり。

今日、初めてランドセルを背負って出かけました。
お友達が呼びに来てくれてあっという間に出かけて行ってしまいました。
が、そそっかしいゆうたは、学校の後学童保育で食べるお弁当が入った大事な手提げを
すっかり忘れて出かけようとしていました。
「も〜う、ゆうちゃん、忘れっぽいなあ〜」と思わず笑ってしまいました。
学童保育に行くとき、また、手提げを小学校に忘れていくのではないかと心配でした。

そして、夕方ゆうたを学童に迎えに行ったら、元気に遊んでいました。
家に帰るなり、玄関で荷物の整理をしながら、
「鉛筆がなあ〜。削れてなかってん」と一言・・・。

「え〜・・・!?」と絶句する私・・。

小学校指定の筆箱って、袋タイプでも、缶タイプでもなく、
マグネット式のもので、中で鉛筆の先をを一本ずつ差し込んで固定できるようになっています。
鉛筆と消しゴムが入っているのは確認したけど、差し込んで見えない
鉛筆の先までは確認しなかった・・。
仕事があるからと2月頃に早々と用意して、そのままになっており、
ゆうたが嬉しがって新品の鉛筆を削らずに筆箱に入れ、そのままになっていたのでした・・。

先生に言って、一本だけ削ってもらったそうです。
ごめんねゆうちゃん。
こんな母に期待せず、自立した人になってね・・。
by go-kayoko | 2009-04-09 23:37 | ゆうたの成長