6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

母の迷い。

うちは時々母が手伝いに来てくれる。
先日、母が私の家で洗濯物の片付けを手伝ってくれながら、
「あんたねえーいつも同じ物ばっかり着ていないで、きれいにしていなさいよ」と言った。
(おそらく、毎度毎度、同じ洗濯物をたたむので、おかしいと思ったのだろう)
朝が苦手でギリギリくんの私。子供がいると余計にギリギリになってしまい、
オシャレしている暇がない・・・。
それにきれいな服を着ていても、お迎えの時にどろどろのともなをだっこすると
あっという間に私の服もどろどろ。
結果、気がつくと同じ服のローテーション。
時々、子供をベビーカーに乗せて、ヒールの靴にスカート、化粧もバッチリの人を
見かけると、(どうやったらああなれるのかしら)と不思議。
それに職場の女性はほとんどが子供がいないので、みんなきれいな格好をしてきている。


これではダメだと反省し、今日は珍しくスカートにフリルのついたブラウスを着て仕事に行った。(一応持ってはいるのよね)
今日は子供たちは先に家を出て、お父さんが連れて行ってくれた。
だから、私のこの姿を見ずに保育園に行った。

そして夕方・・。
保育園に迎えに行ったら、なんと二人とも私に気がついてくれなかった。
ともなは声をかけてようやく気がついた。
ゆうたは「だるまさんがころんだ」をして遊んでいて、その様子をしばらく見ていたが
全く気づいてくれず。
ともなの手を洗って、鞄を取りに行って、その間、ずうーっと私は園庭にいたのに
気がつかなかったらしく、声をかけてやっと
「あ、かあちゃん、来てたん?なんでそんな服、着てるん?」と言った。

普段からきれいにしていないと、こうなるんだねえ。またまた反省。

ともなはいつも迎えに行くと、「だっこ」とだっこをせがむのだけど、
今日は服が汚れるといやだなあ〜と思って、「ともちゃん、車まで歩いてよ。
兄ちゃんも反対側の手をつないでくれるからね」と言うと、
洗ったばかりのしめった手をまた、地面にすりつけて、座り込んで泣いてしまった。
それをみたほかの子供たちが「ともなちゃん、大丈夫〜?」と心配して
だっこして連れてこようとしてくれたり(重くて実際は出来ないけど)
頭をなでてくれたりしてくれている。
服が汚れるなんて気にしているとダメなんだ・・・。

結局私の服はどろどろ・・・。
あ〜あ・・・。でもだっこもしてあげたいしね。
いろいろ、迷うところです・・・。
by go-kayoko | 2008-09-25 03:15 | かあちゃんのひとりごと