6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

earth(今日はちょっとまじめなお話)

ゆうたと映画「アース」を見に行ってきました。
子供連れは安いと言うことで、沢山の子供連れがいました。

淡々と地球上の生き物たちのドラマや自然を美しい映像と語りで表現している映画です。

まず、動物たちの母の強さに励まされました。
どの動物たちの母親も自分の身を削って子供を育て、外敵から子供を必死で守り、無事育つように導いていました。私の子供達の母親は私しかいないので頑張ろうと思いました。
ゆうたも「お母さんって強い」という風に思ったそうです。

それと、人間の身勝手さを感じました。
過酷な自然の中で必死に生きている動物たちや、地球温暖化による変化が死活問題になっている動物たちの姿を見て、人間はこの地球上の最も住みやすいところにのうのうと住んで、二酸化炭素を何も考えずにじゃんじゃん排出して、なんて身勝手なんだろうと思いました。
ゆうたと「要らない電気は消そうね」「物を大切に使おうね」と話しました。

地球は美しかったです。
この美しい地球が私の孫、ひ孫と時代が変わってもずっと変わらずにあって欲しいと強く思いました。
それなのに、地球上ではまだ、今も戦争が起こっており、沢山の自然が破壊されています。
軍事費には莫大なお金があてられています。
軍事につぎ込むお金を、いまある自然を守ることや、これからの地球を守る子供達を育てるためのお金にあてられないんでしょうか。

地球上には様々な文化を持つ人間がいて、そんな風には考えられない人たちも沢山いるのかもしれません。
でも、これは地球に住む人間全ての問題で、多くの人が同じ考えで努力しないと解決しないと思います。
この映画は見る人に何も強要はしないけど、沢山考えさせられると思います。
子供がいる人だけではなく、多くの人に見てもらいたいです。
by go-kayoko | 2008-01-27 23:25 | かあちゃんのひとりごと