6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

せんせいあのね

私が学生だった頃から好きな本に「せんせいあのね」があります。
小学校1.2年生くらいの子どもが毎日書いた詩の中から生まれた
詩集なのですが、子どもらしい観点が満載でとっても面白く、ほのぼのさせられます。
時々大爆笑するような事を子どもは考えていることや、大人顔負けの鋭い目と感性を持っていることがよく分かります。
また、詩の内容から明るく楽しい家庭の様子が垣間見えたり、
先生との楽しい関係が推測されるのも面白いです。

その中から、ゆうたにも分かりそうなものをいくつか読んでやりました。
ゆうたはとても面白かったようで、また読んで欲しいと言っていました。
ゆうたの話を聞いていると、友達が言ったことや先生が言ったことを
そのまま受け売りしていることがよくあります。
ある意味、 先生の言うことをよく守り、よく聞くといういい点でもあります。
それは大事なことだけど、私は優等生では無くてもいいので、
ゆうたらしく、ユニークな存在の子どもになって欲しいなあと思っています。
自分の考えや、感覚、感性をもった子どもになってほしいです。うまく言えませんが。
だからゆうたの内側から生まれてくる 子どもらしい好奇心や興味は大事にしてやりたいです。
それから生まれるいたずらや、元気良さは良いことと受け止めたいと思います。

そうはいいつつ、ガミガミ言ってしまうんですがね・・・。
日々の反省をこめて。
by go-kayoko | 2007-10-10 00:37 | かあちゃんのひとりごと