6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガマンの子

夕方、大抵ともなの機嫌が悪いので(眠いため)、保育園から帰ってきたゆうたはかわいそうです。
私は相手してやれないし、なんとか ともなを寝かしつけようとするので、
大きな物音を立てようものなら、私に「ゆうちゃん、うるさいわ」って言われるし、散々。
お風呂も「ともなが泣くから」とろくろく遊べないで、急がされるし。
なんかかわいそう〜と思っていました。

先日、ともなの寝かしつけに珍しくあっさり成功したので、久しぶりにゆうたの方を向いて話しながらねました。
ゆうたはとっても嬉しそう。
「こうやって寝るの、久しぶりやね〜。ともなが産まれる前は毎日こうやって、ゆうたにくっついて
寝てたもんね。」
「ゆうちゃん、ともなが産まれてからよく頑張ってるね。何でもガマンして。」
「ゆうちゃんが保育園から帰ってきたとき、いつもともなが泣いてるから、母さんイライラしてるでしょ〜。ちょっとの音でうるさいよって言ったりして、ごめんね」などなど。
ゆうたは
「ゆうちゃん、いつもガマンしてるねんで。」(うん、知ってるよ)
「母ちゃんが怒ったとき、ゆうちゃんは母ちゃんのこと、もう、嫌いって思うねんで」(やっぱり?)と言ってました。
私が「母ちゃんはゆうちゃんに怒ってても、ゆうちゃんの事が大好きやねんよ。でも、ゆうちゃんは大きくなったら、本当に母ちゃんのことが嫌いになるかもしれへんね。」と言うと
ブルブルと首を横に振ってました。
ほんとかね。

他にも「母ちゃんはゆうたがいてくれて良かった。いてくれないとともなを育てるのが大変だもん」と言うと、
「ゆうちゃんを育てるときは、居なかったから大変だったの?」と聞きました。
「大変だった、大変だった。今はともながグズグズ言っても、ゆうちゃんと困ったね〜って
言えるし、笑うことも出来るけど、ゆうちゃんを育てているときは、お父ちゃんが居ない間は
誰も他にいないから、話し相手が居なくて大変だった」
「ふ〜ん」などなど。

時々、こうやってゆうたと話をしないと、あまりにゆうたが色々あっさりとガマンするので
ゆうたが心の均衡を保てなくなるような、いつか爆発するんじゃないかと言うような、
なんだか心配な気持ちになります。
子どもってあっさり成長するものなのかなあ。
ゆうたの心の成長に私がついて行けていないのでしょうか?
by go-kayoko | 2007-03-03 01:13 | かあちゃんのひとりごと