6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自殺が増えています

最近多いですね、いじめを苦にした自殺。連鎖反応のように自殺のニュースばかり。
昨日、たまたまゆうたがいるときにテレビをつけたら、中学生の自殺のニュースをしていました。
ニュースの内容がよく分からないゆうたは「どうしたん、どうしたん。
死亡ってどういうこと?」と聞いてきました。
私があんまり神妙な顔をして、ニュースを見ていたからだと思いますが・・。

私が「お姉ちゃんがね、すごく嫌なことが沢山あって、つらくて、マンションの上の方から
飛び降りてしまったの。それでね、死んでしまったの。」というと、
ゆうたは「ふ〜ん。そんなん、飛ばれへんのに。」
私が「お父さんやお母さんが知らないうちにね、そうやって死んでしまったんだよ」というと、
ゆうたは「そんなん、お父さんもお母さんも悲しいなあ」と言いました。
私が「嫌なことがあったら、何でも言ってね。母さんはいつもゆうちゃんの味方になって、
どうしたらいいか、一緒に考えるからね。絶対に死んだりしたらダメなんだよ。どんなことをしたって、生きてないとね。」というと
ゆうたは一言「わかった」と言いました。

自分が子どもを持ってから、子どもの自殺のニュースを見るのは本当につらいです。
大抵の子どもは自殺する前に親にSOSを出しています。
それを知っていて、対処しようとして、それでもやっぱり自分の子どもが自殺してしまったら、
両親はどんなに辛いでしょうか。
ゆうたはまだ、小さいけど、常々「子どもはね、絶対に親より先に死んだらダメなんだよ」と言っています。これは私が昔から親に言われていたことです。これ以上の親不孝は無いと何度も言われました。本当にそうだと思います。

先日の岩城さんの講演でもこの話が出ていたのを思い出しました。
いじめの自殺が問題になっているけど、クローズアップされるのはいじめた側と、自殺した本人だけ。
でも今の時代、その他大勢の子どもに問題があるのではないか、
誰かがいじめられていることを知っていながら、それを自分たちで解決する能力を持たない子ども。
昔は「もうやめとけ」と言うような子どもや、仲裁する子どもがいたけれど、今は見て見ぬふり。
それが怖い。人間関係がうまく作れない子供が沢山いることの現れではないか。

これをきいて、本当にその通りだと思いました。今の時代、子ども全体がなにか
おかしくなってきているのではないか、自分の子どもはどうなのか、
どうすればきちんと育つのか、何が良くて、何が悪いのか。
世間の親たちの最大の不安事項だと思います。
一体どうしたらいいのでしょうね。
by go-kayoko | 2006-11-14 02:57 | かあちゃんのひとりごと