6歳2歳


by go-kayoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

働きながらの育児。

うちの保育所はお迎えが6時まで。
今日は5分、遅れてしまった。
私が住んでいる区は、認可保育所のお迎えの時間が遅いところでも6時半。
他の区では8時というところもある。

前は、8時まで保育所の開いていることを、いいなあと思っていたけど、最近は考えが違う。
8時にお迎えに行くような仕事の仕方をしていたら、夕飯を作ってやれない。
ついつい、外食とか、お総菜とかになりそう。
ゆっくり一緒にお風呂に入ったり、寝る前に本を読んでやったりするのも、つい、「早く寝ないと、明日起きられない」と思って、出来なくなりそう。
仕事をバリバリやるのが生き甲斐のお母さんも沢山いると思う。
でも、私は仕事もしたいけど、今は、子供との時間も大事にしたい。
病気の時はそばにいてやりたいし、夕飯だって子供の好きなものをつくってやりたい。
子供が自分の家の事を好きでいられるように、してやりたい。
仕事で忙しいからと言って、家の中が落ち着かないほどめちゃくちゃになったり、
季節感が無くなったりするのは、イヤだなあ。
子供が寂しい思いをしなくていいくらいの時間は確保したい。
私はパートだけど、正規に働くと夕方から会議があったり、夜に泊まりの仕事があったり、急に呼び出されたりする。
子供が病気でもなかなか休みにくい。(これはパートでも休みにくいけど)
仕事は始めると面白いので、時間をかけて、じっくりやりたいし、今のうちに身につけたいことも沢山ある。
でも子供との時間は大事にしたいし。
ゆうたが産まれてから、このジレンマがず〜っとある。
同じようなお母さんは沢山いると思う。

今日、ノルウェーでの育児のことをラジオで言っていて、
子供が病気で親が休んでも気をつかうような雰囲気が全くないこと。
働く時間も小さい子供がいたら、早く帰れたりするらしい。
父親も8週間の育児休暇をとらないと、母親の育児休暇が取れないこと。
家事は母親の仕事というわけではなく、夫婦で分担するものであるという考えが
当たり前であること。を言っていた。
女性の70%が働いていて、専業主婦は少なく。上司が女性だったりすることも多いらしい。
本当に女性にとって働きやすい状況って、保育所が遅くまでみてくれるとか、
近所に預かってくれたり、お迎えに行ってくれたりする人がいるとか、そういう、
働く時間が長くても大丈夫な環境が整っていることではなく、
子供を育てるのに大事な時間を母親、父親が気兼ねなく確保出来ること。
家事の負担が母親に偏らないで、父親も家事をし、父親の職場でも
そうすることが当然であると、受け入れられること。
なんといっても、子供は社会の財産だと思うので、子供がいるからと遠慮しながら
働かないとダメなんて、おかしい。
そのためには社会全体の常識というものが変わらないとダメなわけで、
難しいことだとは思うけど、これから少ない働き盛り世代で高齢者を支えながら、
少子化を防ぐためには、すごく大事なことなのではないでしょうか。
子供が二人、三人いても、安心して気兼ねなく仕事に復帰できるくらいになって欲しい。
by go-kayoko | 2005-11-16 06:11 | かあちゃんのひとりごと